MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ジャズ・ロック
Soft Machine

Soft Machine (ソフト・マシーン)

ソフト・マシーン サード

メンバー
・Hugh Hopper (b)
・Mike Ratledge (key)
・Robert Wyatt (ds, vo)
・Nick Evans (trombone)
・Rab Spall (Violin)
・Lyn Dobson (flute, sax)
・Elton Dean (sax)
・Jimmy Hastings (flute, clarinet)

Third

1970年

[Disc 1]
1. Facelift
2. Slightly All the Time
3. Moon in June
4. Out-Bloody-Rageous

[Disc 2]
1. Out-Bloody-Rageous
2. Facelift
3. Esther's Nose Job

イギリスのカンタベリー系ジャズ・ロックの最高峰と言われてるソフト・マシーンの3rdアルバム。もともとサイケ・ポップなバンドだったためその影響が残るジャズ・ロックとなっている。独自のロックとジャズの融合を目指しつつ編成が8人となり、独特なサウンドを作り上げている。

実験的な音や緊張感のある雰囲気に音の悪さが良い味付けとなったことで、後にも先にもない薄暗く重々しいジャズ・ロックとなった。この作品以降を認めない人がいるほどなので、ジャズ・ロックのファンから非常に愛されてるかもしれません。

リマスター盤は2枚組で、2枚目には「Live at the Proms 1970」がそのまんま収まってます。ジャズ・ロック初心者にはちょっとおすすめできないかもしれないが、いつかこの作品の素晴らしさを実感できるでしょう。

ソフト・マシーン 4 Fourth

メンバー
・Hugh Hopper (b)
・Mike Ratledge (key)
・Robert Wyatt (ds)
・Elton Dean (sax)

4 (Fourth)

1971年

1. Teeth
2. Kings And Queens
3. Fletcher's Blemish
4. Virtually Part 1
5. Virtually Part 2
6. Virtually Part 3
7. Virtually Part 4

4thアルバム。5人編成となり、管楽器はエルトンのみとなった。サイケ色が薄まりアンサンブルも良くなって聴き易くなっているが、ドロドロとした雰囲気は残っている。なかなか完成度の高い作品だが、それまでのバンドらしさが薄まったため最高傑作は3rdか4thかで意見が分かれてるようです。

1曲目は激しいインプロヴィゼーションがなかなかの迫力で、メンバー個々の演奏はけっこう凄まじい。2曲目はややメロディアスな曲で、持ち味の薄暗くミステリアスな雰囲気が良い。3曲目はフリー・ジャズな曲なので人によってはどうでもいいかもしれないが、個人的にはこういう曲もあると盛り上がる。4曲目から7曲目は組曲で、盛り上がりに欠けるがバンドの世界観をじっくり味わえることができる。

ソフト・マシーン 5 Fifth

メンバー
・Hugh Hopper (b)
・Mike Ratledge (key)
・Elton Dean (sax)
・Phil Howard (ds)
・John Marshall (ds)

5 (Fifth)

1972年

1. All White
2. Drop
3. M.C.
4. AS IF
5. LBO
6. Pigling Band
7. Bone
8. All White (take two)

5thアルバム。バンドの中では一番シリアスな雰囲気となっている。ドラムにフィル・ハワードが加わるが音楽性の違いにより制作途中で脱退。ニュークリアスからジョン・マーシャルが加入し、B面の1曲目にあたるCD4曲目から担当している。アヴァンギャルドな要素はこの作品で終了し、次作からミニマル・ミュージックからの影響を強めていく。

この作品は実験的な要素が強いのと、ジャズ・ロックと言うよりもエレクトリック・ジャズと言ったほうが合うような気がするので、ロック色強いジャズ・ロックを求めてる人には少し向かないかもしれません。しかし完成度は高いのでもしかしたら一番聴き込める作品かもしれません。

ソフト・マシーン Bundles バンドルズ

メンバー
・Roy Babbington (b)
・Allan Holdsworth (g)
・Karl Jenkins (piano, oboe, sax)
・Mike Ratledge (key)
・John Marshall (ds)

Bundles

1975年

1. Hazard Profile (Part 1)
2. Hazard Profile (Part 2)
3. Hazard Profile (Part 3)
4. Hazard Profile (Part 4)
5. Hazard Profile (Part 5)
6. Gone Sailing
7. Bundles
8. Land Of The Bagsnake
9. The Man Who Waved At Trains
10. Peff
11. Four Gongs Two Drums
12. Floating World

8thアルバム。ギターに速弾きギタリストとしても知られるアラン・ホールズワースが加入。ギターがメインとなったフュージョン路線作品で、終止アランの超絶なプレイが聴けます。初期のようなドロドロとしたサイケ色は無いので初心者には聴きやすい作品で、バンドの名盤のひとつとしても語られます。

ソフト・マシーン Softs ソフツ

メンバー
・Roy Babbington (b)
・John Etheridge (g)
・Alan Wakeman (sax)
・Karl Jenkins (key)
・John Marshall (ds)

Softs

1976年

1. Aubade
2. The Tale of Taliesin
3. Ban-Ban Caliban
4. Song of Aeolus
5. Out of Season
6. Second Bundle
7. Kayoo
8. The Camden Tandem
9. Nexus
10. One over the Eight
11. Etika

9thアルバム。すぐに脱退してしまったアランに代わり、元ダリル・ウェイズ・ウルフのギタリスト、ジョン・エサリッジが加入。ジョンもアランと同じ速弾きタイプのギタリストで、こちらもなかなか超絶です。全体的に前作よりも曲や調和が良く、「Bundles」と並んで人気のある作品です。この作品が実質的にバンドの最後のスタジオ作品となってるようです。

ソフト・マシーン Floating World Live

メンバー
・Mike Ratledge (key)
・Karl Jenkins (oboe, sax, key)
・Allan Holdsworth (g)
・Roy Babbington (b)
・John Marshall (ds)

Floating World Live

2006年

1. Floating World
2. Bundles
3. Land of the Bag Snake
4. Ealing Comedy
5. Man Who Waved at Trains
6. Peff
7. North Point
8. Hazard Profile, Pt. 1
9. J.S.M.
10. Riff III
11. Song of Aeolus
12. Endgame
13. Penny Hitch (Coda)

アラン・ホールズワース在籍時の1975年1月29日にドイツのブレーメンで行なわれたライブの音源です。スタジオよりも迫力のある演奏なのでアラン好きにはたまらないでしょう。「Bundles」は2010年になるまで廃盤状態でしたので、この音源を聴いて「Bundles」が喉から手が出るほど欲しくなった人は多いはず。

関連アーティスト

Darryl Way's WOLF

広告