MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

更新履歴

2022/11/25
日本のロックに Spectrum を追加。
2022/11/20
Onslaught に「Sounds of Violence」を追加。
2022/11/13
ロックに Taste を追加。
2022/10/31
Kate Bush の「Never for Ever」を追加。
2022/10/30
サイトの改修を行いました。
2019/2/17
White Lion に「Fight To Survive」を追加。
2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

SNS

フェイスブック
フェイスブック

LINK

ギターおじさんの資料室

ギターのエフェクターやアンプ、ピックアップ、パーツを使用した感想を書いてます。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
日本のロック
Spectrum

Spectrum (スペクトラム)

Information

キャンディーズのバックバンド「MMP」から発展していったブラスロック・バンド。和製アース・ウィンド&ファイヤー(以下EW&F)やパクリ、もどきと言われ、さらにド派手なステージ衣装も特徴的で色物として見られていたが、実は実力派集団で個々の能力は非常に高い。1979年から1981年までとわずか2年間の活動であるため知名度は低く、プロレスラーのスタン・ハンセンの入場曲「SUNRISE」はこのバンドが作り上げた事はあまり知られていない。

Spectrum スペクトラム 1stアルバム

メンバー
新田一郎 (tp, vo)
兼崎順一 (tp)
吉田俊之 (tb)
渡辺直樹 (b, vo)
西慎嗣 (g, vo)
奥慶一 (key)
岡本郭男 (ds)

SPECTRUM

1979年

1. ACT-SHOW
2. FIRST WAVE
3. NO TITLE
4. ROLLITA
5. MEMORY
6. QUESTION '81 & '82
7. PASSING DREAM
8. TOMATO IPPATSU
9. ROCK'N ROLL CIRCUS
10. 1920, AMUSE COMPANY〜SMILE FOR ME

ボーナストラック(CDのみ)
11. トマト・イッパツ (Single Version)
12. ロリータ (Single Version)
13. 裕矢のテーマ (YUYA MY LOVE)
14. サーキットのバラード

1stアルバム。ファンキーで歯切れ良いリズムの曲はどれも良くメロディーの質も高いが、後の作品と比べてしまうと遊び心が少なくてプレイも抑え気味といった印象だ。それでも演奏はなかなか圧倒させられるレベルである。

そんな中で意外に光る曲はメロウな「PASSING DREAM」。80年代初頭のアニメやドラマのエンディングにこんな感じの曲けっこうあったなとノスタルジックな気分になる哀愁漂う曲で非常に好みです。

ファーストシングルになった「TOMATO IPPATSU」の中で出てくるスキャット?で「ワッチコン」はその後、少年隊「ワカチコン」→芸人ゆってぃ「ワカチコ」へと繋がるというまさかの語源だったというのは驚きです。この曲は後半のトリッキーなベースプレイからのテンポチェンジが凄くかっこいいのでチェックしてほしい。

この作品を探す:

楽天市場で探す
Amazonで探す
駿河屋で探す
Spectrum スペクトラム OPTICAL SUNRISE

メンバー
新田一郎 (tp, vo)
兼崎順一 (tp)
吉田俊之 (tb)
渡辺直樹 (b, vo)
西慎嗣 (g, vo)
奥慶一 (key)
岡本郭男 (ds)
今野拓郎 (per)

OPTICAL SUNRISE

1980年

1. MOTION
2. F・L・Y
3. 侍S
4. IN THE SPACE
5. ミーチャン GOING TO THE HOIKUEN
6. SONG
7. SUNRISE

ボーナストラック(CDのみ)
8. イン・ザ・スペース (Single Version)
9. アクトショー (Live)
10. サンライズ (Single Version)

個々の才能が一気に開花した2ndアルバム。より練られて作り込んだ感じが聴き取れて非常に聴きごたえがあり、演奏も余分な力が抜けたかのように伸びやかで良い。よりゴージャスなサウンドとなった本作は名曲揃いでバンドの代表作となりました。

まず1曲目からもうカッコイイ。よくある怪しげなイントロからドカンとブラスが鳴り響けばスペクトラムの世界が一気に広まる。この1曲で前作以上の出来を予感させられるはずです。バックに徹底してることの多い西慎嗣のギターですが、「侍S」では素敵なソロを聴かせてくれるのでもっと出番があってもいいんじゃないかな?と思わせてくれる。

プロレスラーのスタン・ハンセンの入場曲となった名曲「SUNRISE」がこの作品を締めくくる。この曲に歌があったのには誰もが驚くかと思いますが、この歌がなかなかシビれますので「スペクトラム」のバージョンで評価されてほしいですね。入場曲バージョンだと歌メロがギターになってます。

この作品を探す:

楽天市場で探す
Amazonで探す
駿河屋で探す
Spectrum スペクトラム TIME BREAK

メンバー
新田一郎 (tp, vo)
兼崎順一 (tp)
吉田俊之 (tb)
渡辺直樹 (b, vo)
西慎嗣 (g, vo)
奥慶一 (key)
岡本郭男 (ds)
今野拓郎 (per)

TIME BREAK

1980年

1. Vol.I REMINISCENCE(回想)
2. Vol.II LOVE(愛)
 (i)HIS NATIVE PLACE(故郷)
3. (ii)LONGING(思慕)
4. (iii)CHILDREN(子供たち)
5. (iv)GOD(神)
6. Vol.III AN ILLUSION(幻夢)〜SOUTH PACIFIC(南太平洋)
7. Vol.IV AWAKENING(目覚め)
8. 夜明け(アルバ)
9. すべて懺悔だけ
10. 四季
11. あがき
12. やすらぎ

ボーナストラック(CDのみ)
13. 夜明け - アルバ- (Single Version)
14. やすらぎ -Love for You- (Single Version)

EW&Fもどきという野次に対するスペクトラムの答えとなった渾身の3rdアルバム。残念ながらこのアルバムが完成した直後に解散決定となってしまったが、作品は最高傑作と言っていい程の完成度である。個々のテクニックや楽曲のクオリティも素晴らしく、もし活動が続いていたらもっと名が広まっていたんじゃないだろうかと想像してしまいます。

アナログ盤A面をまるまる使った約20分の組曲はプログレッシブ・ロック的で、一切の隙を見せない圧巻の大曲です。少し「SUNRISE」に似た感じなので続編と言った感じでしょうか?。西慎嗣のギターはもっと凄いの弾けるだろうなと思ってたら本当に凄く弾ける人でした。このアルバムでは他にも良いギタープレイが聴けるので必見です。

B面最初の曲「夜明け」も予想外なラテン調の歌物で、メロディーがすごく良く普通に名曲レベルである。それよりもっと意外なのが「四季」。これは松山千春が歌ってそうなフォークソングで、新田一郎がファルセットでない地声で歌っている。こんならしくないと言えそうな曲までレベルが高いのもこのバンドの実力である。

「あがき」はブレッカー・ブラザーズ風のジャズ・フュージョン曲で、バンドが持つ実力を最大限に詰め込んだ正に「あがき」なプレイは圧巻です。後半の渡辺直樹の超絶ベースプレイは鳥肌ものなのでよく聴いておこう。

この作品を探す:

楽天市場で探す
Amazonで探す
駿河屋で探す