MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ジャズ・ロック
Stanley Clarke

Stanley Clarke (スタンリー・クラーク)

Stanley Clarke スタンリー・クラーク Children Of Forever

メンバー
・Stanley Clarke (b)
・Pat Martino (g)
・Chick Corea (key)
・Lenny White (ds)
・Andy Bey (vo)
・Dee Dee Bridgewater (vo)
・Arthur Webb (Flute)

Children Of Forever

1973年

1. Children of Forever
2. Unexpected Days
3. Bass Folk Song
4. Butterfly Dreams
5. Sea Journey

超絶ベーシスト、スタンリー・クラークのソロ1作目と言いたいとこだが、参加メンバーにチック・コリアとレニー・ホワイトがいることや、Return to Foreverの延長的な作品であるためかファンの間ではこれをソロとカウントしないらしい。とりあえずスリリングで良い演奏をたっぷり聴かしてくれます。

スタンリーは一部除いてウッド・ベースで弾いており、ウッドでも素晴らしいプレイを聴かせてくれます。ボーカルはアンディ・ベイとディディ・ブリッジウォーター。ボーカルも楽器の一部という感じでいい味出してますね。

Stanley Clarke スタンリー・クラーク

メンバー
・Stanley Clarke (b)
・Bill Connors (g)
・Jan Hammer (Key)
・Tony Williams (ds)

Stanley Clarke

1975年

1. Vulcan Princess
2. Yesterday Princess
3. Lopsy Lu
4. Power
5. Spanish Phrases For Strings & Bass
6. Life Suite

スタンリーの正式なソロ作第一弾と言われる作品。前作よりロック色強いフュージョン作で、ちょっとプログレッシブ・ロックにも感じる。キーボードには後にジェフ・ベックのバンドに参加するヤン・ハマー。ギターのビル・コナーズと共に弾きまくりのプレイでスリリングです。密かにアラン・ホールズワース並みに高速な速弾きをしているビルが凄い。スタンリーのプレイは気持ちの良いスラップベースや、アコースティック・ベースを使用したテクニカルなプレイが素晴らしい。ロック・ファン、ジェフ・ベック・ファンにおすすめできる作品です。

Stanley Clarke スタンリー・クラーク Journey To Love

Journey To Love

邦題「慈愛への旅路」1975年

1. Silly Putty
2. Journey to Love
3. Hello Jeff
4. Song to John Part1
5. Song to John Part2
6. Concerto for Jazz/Rock Orchestra

ソロ3作目。この作品でもレニー・ホワイト、チック・コリアが参加しているが、注目すべきなのはやはりジェフ・ベックとジョン・マクラフリンという凄腕のギタリストが参加してることでしょう。

「Hello Jeff」での白熱したプレイはロック派も必聴。ジェフの作品と同じような曲調で、ジェフはかなり弾きまくってます。ジョン・マクラフリン参加の「Journey To Love」のほうはMahavishnu Orchestraに近い雰囲気ですね。「Song to John Part2」でのアコースティック同士のバトルはなかなかスリリング。ラストはスケールの大きい組曲。展開がちょっとプログレ的ですね。怒濤のユニゾン・プレイ部分はかなり圧巻です。

スタンリー・クラーク スクール・デイズ

School Days

1976年

1. School Days
2. Quiet Afternoon
3. Dancer
4. Desert Song
5. Hot Fun
6. Life Is Just a Game

ソロ4作目。リラックスな雰囲気のフュージョンです。この作品はタイトル曲「School Days」に尽きるかもしれない。軽快なリズムでポップなベースのリフから一転、スタンリーの超絶ベース・ソロ。マシンガンのような速弾きは凄く圧巻です。

ゆったりとした曲が続くが「Desert Song」あたりも聴き所。ギターはジョン・マクラフリンでアコースティック・ギターを使い、スタンリーもアコースティックを使用。マクラフリンが好きそうなインド音楽風ですね。

ラストの「Life Is Just A Game」はReturn to Foreverっぽいドラマティックな大曲です。イントロでのベースの速弾き凄過ぎです。参加者もテクニカルなプレイのオンパレードです。

曲の大半がゆったりしてるのが多いので、もう少し緊張感があってもいいような気がするが、名盤に間違いないです。

関連アーティスト

Return to Forever

広告