MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ロック
Stiff Little Fingers

Stiff Little Fingers (スティッフ・リトル・フィンガーズ)

Stiff Little Fingers スティッフ・リトル・フィンガーズ Inflammable Material

メンバー
・Jake Burns (vo, g)
・Henry Cluney (g, vo)
・Ali McMordie (b, vo)
・Brian Faloon (ds)

Inflammable Material

1979年

1. Suspect Device
2. State Of Emergency
3. Here We Are Nowhere
4. Wasted Life
5. No More Of That
6. Barbed Wire Love
7. White Noise
8. Breakout
9. Law And Order
10. Rough Trade
11. Johnny Was
12. Alternative Ulster
13. Closed Groove

[Bonus Tracks]
14. Suspect Device (Single Version)
15. 78 R.P.M.
16. Jake Burns Interview Part One

アイルランドのクラッシュと言われたパンク・バンドの1stアルバム。パンクをやる前はディープ・パープルなどのハード・ロックのカヴァーをやっていたようで、若干ハード・ロック的のように感じるとこもある。

1曲目は名曲中の名曲でこれぞ1970年代パンクという感じの勢いだ。この曲は日本のパンク・バンド、アナーキーが「3・3・3」というタイトルでカヴァーしている。ノイジーなギターと、全速力で声を吐き捨てるボーカルはクラッシュ的だ。ハイ・テンポで1分で曲が終わる3曲目は、メロディがキャッチーでノリも良くていい。11曲目はボブ・マーリーの曲のカヴァー。これは見事なアレンジでかっこ良すぎる。前半は軽いノリのレゲエ曲がロックなサウンドになって緊張感がある。中盤はレゲエのリズムにあり、終盤は激しいビートになる。これパンクでは異例かと思われる8分という長さだ。

全体的に理想の1970年代パンクな曲が並び、これといった捨て曲無く非常に満足できる作品です。残念なのは、ここ日本では非常に知名度が低いことです。ピュアなパンク・ロックを聴きたいなら、ぜひこれを。

Stiff Little Fingers スティッフ・リトル・フィンガーズ Nobody's Heroes

メンバー
・Jake Burns (vo, g)
・Henry Cluney (g)
・Ali McMordie (b)
・Jim Reilly (ds)

Nobody's Heroes

1980年

1. Gotta Gettaway
2. Wait And See
3. Fly The Flag
4. At The Edge
5. Nobody's Hero
6. Bloody Dub
7. Doesn't Make It All Right
8. I Don't Like You
9. No Change
10. Tin Soldiers

[Bonus Tracks]
11. Bloody Sunday
12. Straw Dogs
13. You Can't Say Crap On The Radio
14. Jake Burns Interview By Alan Parker Part 2

2ndアルバム。メジャーらしい曲のアレンジと録音で前作のような荒々しいサウンドが後退したが、基本は変わりなくノリの良いパンク・ロック作品だ。1stアルバムが好きすぎる人には賛否両論らしいが、楽曲の幅と完成度が上がっており、最高傑作だとも言われている。

この作品でもレゲエ曲があるが、4曲も入っている。2曲目はレゲエを少し取り入れた感じに。6曲目と11曲目は「血の日曜日事件」を題材にした曲で、6曲目はタイトル通りダブなインスト曲で、11曲は普通に演奏と歌となっている。7曲目はスペシャルズのカヴァーで、これは1stの「Johnny Was」と同じようなアレンジになっている。

この作品は1stのようなシンプルで激しいものを求めてる人には物足りないかもしれないが、どの曲もよく作り込まれており、聴き込むのが楽しい。曲作りがうまいバンドだと分かるはずだ。

Stiff Little Fingers スティッフ・リトル・フィンガーズ Hanx

メンバー
・Jake Burns (vo, g)
・Henry Cluney (g)
・Ali McMordie (b)
・Jim Reilly (ds)

Hanx!

1980年

1. Nobody's Hero
2. Gotta Gettaway
3. Wait And See
4. Barbed Wire Love
5. Fly The Flag
6. Alternative Ulster
7. Johnny Was
8. At The Edge
9. Wasted Life
10. Tin Soldiers
11. Suspect Device

■Bonus Tracks
12. Running Bear
13. White Christmas
14. Jake Burns Interview Part 3

1980年7月20日(CDは6月になっている)ロンドンでのライヴ。当時の勢いと熱気を収めたライヴの名盤です。1stと2ndから半々の選曲で、音はちょっとぼやけてるかなと思う点は少し残念。

ボーナストラックの12曲目はビッグ・ポッパー(ジョニー・プレストン)の1959年の曲。13曲目はなぜかクリスマス・ソング。14曲目はジェイク・バーンズのインタビューとなってます。

広告