MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
Striker

Striker (ストライカー [カナダ])

Information

カナダのNWOTHMバンド。ストレートな正統派パワーメタルで、HibriaやVicious Rumorsあたりに近い感じなのでこれからの成長が非常に楽しみなバンドのひとつです。ボーカルの力強いハイトーン、ギターの力強いリフ、良質なメロディーも持っています。

Striker ストライカー Road Warrior

Road Warrior

2008年

1. Road Warrior
2. Lord Of The Sword
3. Fire
4. Dark Heart Of The City
5. The Keg That Crushed New York

デビュー・ミニ・アルバム。なかなかの出来のスピード・メタルだが、少しイモっぽいとこは残念。メロディーも盛り上がりに欠け、荒削りでもある。と、ちょっと辛口なレビューだが、1stを先に聴いてしまったので「おまけ」程度に感じてしまうのだ。しかし、バンドはここから一気に飛躍するのであった。

Striker ストライカー Eyes In The Night

メンバー
・Dan Cleary (vo)
・Ian Sandercock (g)
・Chris Segger (g)
・Dave Arnold (b)
・Magnus Burdeniuk (ds)

Eyes In The Night

2010年

1. Full Speed Or No Speed
2. Eyes In The Night
3. We Don't Play By The Rules
4. Never Ending Nights
5. The White Knights
6. The Voice Of Rock
7. Ice Cold
8. Terrorizer
9. Believe In Me
10. Hang On

1stアルバム。これはかなり強烈な作品だ。前作から一気に勢いが増し、楽曲のクオリティもかなりアップしている。ボーカルのイモっぽさは減少し、ハイトーンをよく出してくれている。メロディーは覚え安い部分が多くなり、インパクトもアップ。捨て曲は無いが、楽曲の幅は広くないので後半は少し飽きてしまいそうになるかもしれない。しかし、これはHIBRIA以来のなかなかの衝撃だ。

Striker ストライカー Armed To The Teeth

メンバー
・Dan Cleary (vo)
・Ian Sandercock (g)
・Chris Segger (g)
・Dave Arnold (b)
・Adam Brown (ds)

Armed To The Teeth

2012年

1. Forever
2. Let it Burn
3. Lethal Force
4. It Could Be Worse
5. Fight For Your Life
6. Land Of The Lost
7. Wolf Gang
8. Feed The Fire
9. All The Way
10. Can’t Stop The Rush
11. Poisoned Mind

初回限定盤 Disc2 は、1stとデビュー・ミニ・アルバム全曲を収録。

2ndアルバム。マイケル・ワグナーがプロデュース。1stに続きこれまた素晴らしい作品で、また成長したと感じさせられる。少し欧州的なメロディーが多くなって聴き易くなった気がするが、アグレッシヴさが減少したとこは迫力に欠けるかなと思う。でもまあそれでもかなりパワフルだ。楽曲は1980年代的な要素が高まったかなと思うので、オールド・メタル・ファンも納得いくかと思う。

初回限定のディスク2ですが、なんと1stとデビューEPがリマスターで全部入ってていきなりコンプリートできる超うれしいお得なセットです。

Striker ストライカー City of Gold

メンバー
・Dan Cleary (vo)
・Tim Brown (g)
・Chris Segger (g)
・William Wallace (b)
・Adam Brown (ds)

City of Gold

2014年

1. Underground
2. City Of Gold
3. Start Again
4. Bad Decisions
5. Crossroads
6. All For One
7. Mind Control
8. Second Attack
9. All I Want
10. Rise Up
11. Taken By Time
12. Two Minutes To Midnight (Bonus Track)
13. Watching You (Bonustrack)
14. Roll With The Punches (Bonustrack)
15. Fuck Volcanoes (Bonustrack)

3rdアルバム。フレドリック・ノルドストロームをプロデューサーに起用。メンバー交代があったが何も問題無くさらにパワーを増しスピード・メタルの最高峰と言えるほどに成長したと思える。また少し作風が変わっており、今回はスラッシュやハードコアの要素が入ってきている。アグレッシヴなギターリフがなかなか強烈だがメロディーもしっかりしており、この先もこれが維持できるか心配になるほど完成度も高い。現時点での最高傑作と言えるでしょう。

ボーナストラックは4曲とたっぷり入っており、そのうちのひとつ12曲目はアイアン・メイデンの名曲だ。個人的には「Aces High」より好きなのでこのカヴァーは嬉しい。他のボーナストラックの詳細はよく分からないが、そちらのほうが聴きたかったサウンドだったりする。

広告