MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
超絶ボーカリスト特集

特集4:超絶ボーカリスト特集

高い声、パワフルな声が大好きな人におすすめする超絶ボーカリスト特集です。主にハードロックやヘヴィメタルになります。難聴覚悟で聴きましょう!

Led Zeppelin I

Led Zeppelin (レッド・ツェッペリン)

まずはツェッペリンのボーカル、ロバート・プラント。ハイトーンで荒々しい歌い方はハードロック、ヘヴィメタルに多大な影響を与えました。「Led Zeppelin I」1969年で聴ける「Communication breakdown」は今聴いても凄まじい。しばらくして喉を酷使し過ぎたため、高い声を出せなくなってしまいました。

Scorpions スコーピオンズ Virgin Killer

Scorpions (スコーピオンズ)

惜しくも解散するドイツのハードロック・バンド、スコーピオンズ。クラウス・マイネのハイトーンで情熱的な歌い方は何度聴いても鳥肌が立つ。「Virgin Killer(狂熱の蠍団)」1976年で聴ける「Catch Your Train」やタイトル曲「Virgin Killer」は耳が張り裂けそうなくらい強烈な声です。

Alcatrazz アルカトラス No Parole from Rock 'n' Roll

Alcatrazz (アルカトラス)

グラハム・ボネットはもともとはHR/HM畑の人ではなかったようです。しかしこの声はHR/HMのためにあると思えるほど強力。レインボー、MSG、インペリテリなど有名なバンドを渡り歩くが、ベストはやっぱアルカトラスでしょう。グラハムのシャウトとイングヴェイの速弾きは最高ですね。

Crimson Glory クリムゾン・グローリー

Crimson Glory (クリムゾン・グローリー)

アメリカの正統派ヘヴィメタル・バンド、クリムゾン・グローリー。音楽性がクーンズ・ライチに似てるため比較されることがあったらしい。ボーカルのミッドナイトはかなりハイトーンな声で、1stアルバムで聴ける「Mayday」での声は大音量で聴いたら耳が壊れるでしょう。

Hibria ヒブリア Defying the Rules

Hibria (ヒブリア)

ブラジルのメロディック・パワー・メタル・バンド、ヒブリア。ボーカルはどこかクラウス・マイネっぽい声で、パワフルで情熱的です。新人なほうの中では最も理想的な声です。

Impellitteri インペリテリ Screaming Symphony

Impellitteri (インペリテリ)

アメリカの最速ギタリストと言われたクリス・インペリテリのバンド。グラハム・ボネットもいたことがあるが、やっぱロブ・ロックでしょう。力強くそしてハイトーンな声が非常に素晴らしい。あとはクリスさえしっかりしてくれれば・・・

Judas Priest ジューダス・プリースト Painkiller

Judas Priest (ジューダス・プリースト)

脅威のハイトーンといったらこの人、ロブ・ハルフォード。アルバム「PAINKILLER」1990年でのハイトーン使いまくりは強烈。正にメタル・ゴッドです。

Lost Horizon ロスト・ホライゾン Awakening The World

Lost Horizon (ロスト・ホライゾン)

北欧スウェーデンの正統派メロディック・パワー・メタル・バンド、ロスト・ホライゾン。ロニー・ジェイムス・ディオを彷彿させるダニエル・ハイメンのボーカルが非常に素晴らしく圧倒的な存在感です。バンドはたった2枚で解散してしまったのが非常に残念です。

Metal Church メタル・チャーチ Live

Metal Church (メタル・チャーチ)

故デヴィッド・ヴェインのボーカルはちょっとアクが強いがなかなか強烈なハイトーン。再結成のときは声が死んでたのにはがっかりしました。「Live」で聴けるデヴィッドのボーカルはとても凄まじく、これで喉壊したのだろうか?と思うほど。

Primal Fear プライマル・フィア Devil's Ground

Primal Fear (プライマル・フィア)

ボーカルのラルフ・シーパースはガンマ・レイを脱退したあと、ジューダス・プリーストの後任ボーカルのオーディションを受けるが落選。そこにシナーのマット・シナーとトム・ナウマンが救う形でバンドを結成。ロブ・ハルフォードの声にそっくりなので、もうひとつのジューダス・プリーストという感じがします。

Riot ライオット

Riot (ライオット)

バンドの起死回生となったアルバム「Thundersteel」1988年はパワー・メタル化しており、そしてなんといってもトニー・ムーアのハイトーンが強烈過ぎる。タイトル曲はハロウィンの名曲よりもカッコ良過ぎます。

Vicious Rumors ヴィシャス・ルーマーズ Warball

Vicious Rumors (ヴィシャス・ルーマーズ)

歴代ボーカリストの中では故カール・アルバートが一番ですが、超絶というと「Warball」2006年でのジェイムズ・リヴェラのボーカル。ロブ・ハルフォードに憧れてただけあって素晴らしいハイトーンを聴かせてくれます。

Yngwie J. Malmsteen イングヴェイ・マルムスティーン

Yngwie J. Malmsteen (イングヴェイ・マルムスティーン)

ボーカルがコロコロ変わるイングヴェイのバンドですが、その中でもっとも超絶なのはやっぱマーク・ボールズですね。3rdアルバム「Trilogy」1986年でのマークとイングヴェイの相性はバッチシです。

TNT Tell No Tales

TNT

トニー・ハーネルの声は、喉からはほとんど高域しか出てないと思えるほど高い。3rdアルバム「Tell No Tales」1987年のタイトル曲は唯一パワー・メタルな曲で、恐ろしいほどキレまくったハイトーンを聴かせてくれます。

ZAR ツァー Live Your Life Forever

ZAR (ツァー)

不出世のボーカリスト、ジョン・ロートン。ユーライア・ヒープに在籍してたこともあったが、評価してるのはマニアの間のみ。どのバンドでも素晴らしい声を響かせており、最高のボーカリストの一人だと思います。

Zeno ジーノ

Zeno (ジーノ)

ドイツのギタリスト、ウリ・ジョン・ロートの弟、ジーノ・ロートのバンド。美しいハイトーンな声を持つマイケル・フレクシグがやっぱ一番ですが、今彼は何してるのだろうか?。もう一度共演してほしいです。

Vow Wow バウワウ

Vow Wow (バウワウ)

日本の最強のボーカリストは?と聞かれたら私はこの人を上げる。人見元基。ソウルフルかつパワフルな声で圧倒されます。

広告