MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
スラッシュメタル
Testament

Testament (テスタメント)

Information

ベイエリア・クランチの代表格バンド。ベイエリア・クランチというと終止ザクザクとしたギターリフという印象だが、テスタメントはメロディックなサウンドを併せ持ちつつテクニカルなとこも特徴的だ。

Testament テスタメント The Legacy

メンバー
・Chuck Billy (vo)
・Alex Skolnick (g)
・Eric Peterson (g)
・Greg Christian (b)
・Louie Clemente (ds)

The Legacy

1987年

1. Over The Wall
2. The Haunting
3. Burnt Offerings
4. Raging Waters
5. Curse of the Legion of Death
6. First Strike Is Deadly
7. Do Or Die
8. Alone In The Dark
9. Apocalyptic City

ベイエリアスラッシュを代表するバンドのひとつ、テスタメントの衝撃のデビュー作。その後の整った作品と比べてややアグレッシヴで勢いもある。一番の特徴は荒々しいスラッシュサウンドに対してギターソロが非常にメロディックなとこだ。リードギターのアレックス・スコルニックはなんとジョー・サトリアーニから教えを受けていたらしく、そのためか非常に高い演奏能力を持っている。一日一回は聴きたくなる名曲「Over The Wall」が聴き所だが、作品全体なかなか素晴らしい完成度なので、全ての曲のベイエリア・クランチ・サウンドを耳に焼き付けて頂きたい。

Testament テスタメント The New Order

メンバー
・Chuck Billy (vo)
・Alex Skolnick (g)
・Eric Peterson (g)
・Greg Christian (b)
・Louie Clemente (ds)

The New Order

1988年

1. Eerie Inhabitants
2. The New Order
3. Trial By Fire
4. Into The Pit
5. Hypnosis
6. Disciples Of The Watch
7. The Preacher
8. Nobody's Fault
9. A Day of Reckoning
10. Musical Death (A Dirge)

核戦争後の世界をコンセプトにした2ndアルバム。やや正統派HM寄りだった1stと比べてこの作品はヘヴィなリフ重視で、激しいサウンドだが無機質な雰囲気漂うコンセプト通りの世界観が再現出来ているかと思う。シンプルなので1stのような感じを求めると少し物足りないと感じるかもしれないがよく聴いてみよう。よく作り込まれていることが分かるはずです。

Testament テスタメント Practice What You Preach

メンバー
・Chuck Billy (vo)
・Alex Skolnick (g)
・Eric Peterson (g)
・Greg Christian (b)
・Louie Clemente (ds)

Practice What You Preach

1989年

1. Practice What You Preach
2. Perilous Nation
3. Envy Life
4. Time Is Coming
5. Blessed In Contempt
6. Greenhouse Effect
7. Sins of Omission
8. The Ballad
9. Nightmare (Coming Back to You)
10. Confusion Fusion

よく名盤として紹介されるのがこの3rdアルバムだ。たくさんのアイディアが詰め込まれた感があり、テクニカル・スラッシュと言ってもいいくらい少しごちゃごちゃしてます。多くの曲が勢いで聴かせる感じでないためか、少し賛否の声があります。だがこのバンドに出来るとこを探すのはとても面白い。

Testament テスタメント Souls Of Black

メンバー
・Chuck Billy (vo)
・Alex Skolnick (g)
・Eric Peterson (g)
・Greg Christian (b)
・Louie Clemente (ds)

Souls Of Black

1990年

1. Beginning Of The End
2. Face In The Sky
3. Falling Fast
4. Souls Of Black
5. Absence Of Light
6. Love To Hate
7. Malpractice
8. One Man's Fate
9. The Legacy
10. Seven Days Of May

4thアルバム。これと言って名曲は無いかもしれないが、作品全体的に最高の出来ではあると思う。綺麗なスラッシュ・メタルの作品という感じで非常に整っており、緊張感もありなぜか最初から最後まで聴きたくなる。とにかくカッコイイ作品なのだ。バンドのスラッシュ・メタルらしさはこの作品で一旦終わりを迎え、しばらく時代に流されて「らしさ」を失います。

Testament テスタメント Live In Eindhoven

メンバー
・Chuck Billy (vo)
・Alex Skolnick (g)
・Eric Peterson (g)
・Greg Christian (b)
・Louie Clemente (ds)

Live In Eindhoven

2009年

1. Disciples of the Watch
2. The Haunting
3. Apocalyptic City
4. First Strike Still Deadly
5. Burnt Offerings
6. Alex Skolnick Solo
7. Over the Wall
8. Do or Die
9. Curse of the Legion of Death
10. Reign of Terror

1stアルバム発表後のライヴ作品。1987年に5曲入りでリリースされたが、CD化時に5曲追加されリマスターもされている。ジャケは新しいデザインとのこと。音のクオリティはまあまあだが、1stアルバムよりはいい音に感じられる。しっかりと録音されたものではなさそうなので、ボーカルやギターソロが聴き取りにくい箇所があるとこは残念だが、音は生々しくて迫力があるとこは良いと思います。怒濤の演奏は圧巻です。

広告