MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。
2016/1/3
ロックに Cold BloodDada を、プログレッシブ・ロックに Fusion Orchestra を追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ハードロック
Thin Lizzy

Thin Lizzy (シン・リジィ)

Information

アイルランドのハードロック・バンド、シン・リジィ。ベース&ボーカルのフィル・ライノットを中心に結成。ギターのツイン・リード編成や、アイリッシュなメロディーを取り入れるなどこだわり、メロディックなハードロックを最後まで貫きました。後の多くのHR/HMに影響を与え、今でも絶大な支持を得ています。

Thin Lizzy Fighting

メンバー
・Philip Lynott (vo, b)
・Scott Gorham (g)
・Brian Robertson (g)
・Brian Downey (ds)

Fighting

1975年

1. Rosalie
2. For Those Who Love to Live
3. Suicide
4. Wild One
5. Fighting My Way Back
6. King's Vengeance
7. Spirit Slips Away
8. Silver Dollar
9. Freedom Song
10. Ballad of a Hard Man

5thアルバム。前作でギターにブライアン・ロバートソン、スコット・ゴーハムが加入し、黄金期に突入。このアルバムでシン・リジィというバンドが完成。ツイン・リード編成によるメロディックなギターと、アイリッシュなメロディーが合わさりメロディックなハードロックを作ることに成功している。

ライブの定番曲「Rosalie」はシーガーの曲のカヴァーで、ノリの良い曲。「Wild One」はアイリッシュなメロディーが美しい名曲の1つ。全体通して捨て曲はとくに無し。初期の名作のひとつです。

Thin Lizzy Jailbreak

メンバー
・Philip Lynott (vo, b)
・Scott Gorham (g)
・Brian Robertson (g)
・Brian Downey (ds)

Jailbreak

邦題「脱獄」1976年

1. Jailbreak
2. Angel From the Coast
3. Running Back
4. Romeo and the Lonely Girl
5. Warriors
6. Boys Are Back in Town
7. Fight or Fall
8. Cowboy Song
9. Emerald

6thアルバム。前作の路線を押し進め、ヒット作となった名盤。タイトル曲「Jailbreak」はライブのトップをよく飾るハードロック。イントロのギターだけで一気に盛り上がる。名曲「The Boys Are Back In Town」はキャッチーでメロディアスな曲。間奏のメロディアスなツイン・リードが非常に印象的です。「Emerald」も名曲で、ブリティッシュ的でヘヴィな曲だが、曲の中間で奏でられるツイン・リードのメロディーは正にエメラルド。この美しさには感動します。

Thin Lizzy Johnny the Fox

メンバー
・Philip Lynott (vo, b)
・Scott Gorham (g)
・Brian Robertson (g)
・Brian Downey (ds)

Johnny the Fox

邦題「サギ師ジョニー」1976年

1. Johnny
2. Rockey
3. Borderline
4. Don't Believe a Word
5. Fools Gold
6. Johnny the Fox Meets Jimmy the Weed
7. Old Flame
8. Massacre
9. Sweet Marie
10. Boogie Woogie Dance

7thアルバム。前作から7ヶ月でリリース。今度はヘヴィなハードロックが中心なので、前作が軽過ぎると思う方はこちらがいいでしょう。「Don't Believe A Word」の渋い曲なんかは密かに名曲。攻撃的な「Boogie Woogie Dance」なんかも隠れている。この作品はとても捨てがたいです。

Thin Lizzy Bad Reputation

メンバー
・Philip Lynott (vo, b)
・Scott Gorham (g)
・Brian Robertson (g)
・Brian Downey (ds)

Bad Reputation

1977年

1. Soldier of Fortune
2. Bad Reputation
3. Opium Trail
4. Southbound
5. Dancing in the Moonlight
6. Killer Without a Cause
7. Downtown Sundown
8. That Woman's Gonna Break Your Heart
9. Dear Lord

8thアルバム。目立つ曲はないものの勢いのある時期なので良い曲は多いです。「脱獄」のポップな路線と「サギ師ジョニー」のヘヴィな路線がうまくミックスできてるかと思います。やや地味な印象がありますが、よく聴けばやはり名作のひとつです。

アイリッシュで穏やかなロック「Soldier Of Fortune」は密かに名曲。ヘヴィな「Bad Reputation」の印象的なギターのリフや、「Dancing In The Moonlight」の凄くクールで渋い曲なども聴き所。

Thin Lizzy Live and Dangerous

メンバー
・Philip Lynott (vo, b)
・Scott Gorham (g)
・Brian Robertson (g)
・Brian Downey (ds)

Live and Dangerous

1978年

1. Jailbreak
2. Emerald
3. Southbound
4. Rosalie
5. Dancing in the moonlight
6. Massacre
7. Still in love with you
8. Johnny the fox meets Jimmy the weed
9. Cowboy song
10. The boys are back in town
11. Don't believe a word
12. Warriors
13. Are you ready
14. Suicide
15. Sha La La
16. Baby drives me crazy
17. The rocker

黄金期のライブ・アルバム。録音状態も良くバンドのテンションも高い。スタジオ以上に良いできのためこれを一番聴く人は多いと思います。全17曲と盛りだくさんで選曲も良い。これを聴かずしてシン・リジィを語れない。

Thin Lizzy Black Rose

メンバー
・Philip Lynott (vo, b)
・Scott Gorham (g)
・Gary Moore (g)
・Brian Downey (ds)

Black Rose

1979年

1. Do Anything You Want To
2. Toughest Street in Town
3. S&M
4. Waiting for an Alibi
5. My Sarah
6. Got to Give It Up
7. Get Out of Here
8. With Love
9. Roisin Dubh (Black Rose)

9thアルバム。ブライアン・ロバートソンが脱退し、ゲイリー・ムーアが加入。アイリッシュなメロディーを全面に押し出し、バンド史上もっともメロディアスな作品になりました。この作品を最高傑作とする声も多いです。

「Do Anything You Want To」はアイリッシュなメロディーが爽やかな曲。「Toughest Street In Town」はシンプルなハードロックだが、ギターソロでゲイリーのクレイジーなギターが炸裂。「Waiting For An Alibi」はイントロのツイン・リードが印象的な名曲のひとつ。

Thin Lizzy Thunder and Lightning

メンバー
・Philip Lynott (vo, b)
・Scott Gorham (g)
・John Sykes (g)
・Brian Downey (ds)

Thunder and Lightning

1983年

1. Thunder and Lightning
2. This Is the One
3. Sun Goes Down
4. Holy War
5. Cold Sweat
6. Someday She Is Going to Hit Back
7. Baby Please Don't Go
8. Bad Habits
9. Heart Attack

最後のスタジオ作品となった12thアルバム。ジョン・サイクスが加入し、バンドの最後を華やかに飾る。盛り上がるHR/HMシーンを意識してかバンド史上最もハードな作品になってます。全体的にシン・リジィらしさは薄いかもしれないが完成度は高く、最後とは思えないパワーを放っています。

サイクスはタイガーズ・オブ・パンタンのときよりも弾きまくってます。とくにタイトル曲「Thunder and lightning」のギター・ソロは凄まじい。ツイン・リードを活かした「The Holy War」はとてもメロディック。

Thin Lizzy BBC Radio One Live In Concert

メンバー
・Philip Lynott (vo, b)
・Scott Gorham (g)
・John Sykes (g)
・Brian Downey (ds)

BBC Radio One Live In Concert

1992年

1. Jailbreak
2. Thunder and Lightning
3. Waiting for an Alibi
4. Are You Ready
5. Baby Please Don't Go
6. Night in the Life of a Blues Singer
7. Holy War
8. Sun Goes Down
9. Emerald
10. Cowboy Song
11. Boys Are Back in Town
12. Suicide
13. Rosalie Medley: Rosalie/Dancing in the Moonlight/The Cowgirl Song
14. Still in Love With You

1983年のレディング・フェスティバルでの最後のライブを放送用に収録されたもので、音質良く録音されてます。シン・リジィの名曲がずらりと並んだ約1時間ちょっとのアルバム。これが今終わろうとしてるバンドとは思えない素晴らしいできです。

テンションは高く、「Thunder And Lightning」はスタジオ版よりぶっとぶでしょう。フィルが「これが最後の曲だ」と言って始まる超名曲「Still in Love With You」には号泣間違いなし。

存在が薄いため「Live and Dangerous」のほうが名盤とされてるが、こちらも負けてません。隠れた名ライブ・アルバムです。

Thin Lizzy Live and Dangerous DVD

Live and Dangerous (DVD)

2007年

[Disc 1]
Live and Dangerous at the Rainbow
1. Introduction/Rosalie
2. The Boys Are Back in Town
3. Emerald
4. Dancing in The Moonlight
5. Massacre
6. Call On Me
7. Don't Believe a Word
8. Are You Ready
9. Sha La La
10. Baby Drives Me Crazy
11. Finale/Me And The Boys

Sight & Sound in Concert
12. Jailbreak
13. This is the One
14. Cold Sweat
15. The Sun Goes Down
16. Holy War
17. The Boys Are Back in Town
18. Rosali
19. Baby Please Don't Go

Top of the Pops Performances
20. Whiskey in the Jar
21. Jailbreak
22. Dancin' in the Moonlight
23. Waiting for an Alibi
24. Don't Believe a Word

[Disc 2]
1. Fighting My Way Back
2. Wild One
3. Still In Love With You
4. Suicide
5. Sha la la la
6. Baby Drives Me Crazy
7. Me And The Boys Are Wondering
8. Cowboy Song (Derby Blues)

同名ライヴ・アルバムと同時期の1978年レインボウ・シアターでのライブ。映像・音声はデジタル処理でリストアとのことなので良くなっているのでしょう。伝説のバンドで映像もあまり無いようなので貴重ですね。

名曲のオンパレードで最高なのだが、追加された1983年BBCでのライブはギターの音が小さい。サイクスのかっこいいギターを聴きたい場合は音量を上げましょう。

Thin Lizzy Still Dangerous

メンバー
・Philip Lynott (vo, b)
・Scott Gorham (g)
・Brian Robertson (g)
・Brian Downey (ds)

Still Dangerous

2009年

1. Soldier of Fortune
2. Jailbreak
3. Cowboy Song
4. Boys Are Back in Town
5. Dancing in the Moonlight
6. Massacre
7. Opium Trail
8. Don't Believe a Word
9. Baby Drives Me Crazy
10. Me and the Boys
11. Emerald (Bonus Track)
12. Bad Reputation (Bonus Track)

1977年10月20日、米フィラデルフィア、タワーシアターでのライブ音源。絶頂期なので最高の演奏が聴けます。サウンドの加工はされてないので生々しい音で聴けるし、ギターを前面に出したミックスなので他のライブ・アルバムと違う雰囲気が楽しめます。バンドは高い演奏力を持っていたので、加工無しでも素晴らしい演奏です。

関連アーティスト

Dare, Gary Moore, Tygers Of Pan Tang

広告