MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ハードロック
Three Man Army

Three Man Army (スリー・マン・アーミー)

Information

ブラック・サバスと並んで元祖ヘヴィメタル的なロックをやっていたバンド『GUN』を解散後、ガーヴィッツ兄弟{ ポール (G,Vo) 、エイドリアン (B,Vo) }を中心に結成されたハードロック・バンド。ヘヴィなロックからメロディアスなバラードやフォークと幅広く、なかなかクオリティの高い楽曲を残しました。

Three Man Army A Third Of A Lifetime

メンバー
・Paul Gurvitz (g, vo)
・Adrian Gurvitz (b, vo)
・Mike Kellie (ds)

A Third Of A Lifetime

1971年

1. Butter Queen
2. Daze
3. Another Way
4. A Third Of A Lifetime
5. Nice One
6. Three Man Army
7. Agent Man
8. See What I Took
9. Midnight
10. Together
11. What's Your Name
12. What's Your Name(Single Version)
13. Travellin'

バンドのデビュー作。ドラムはSPOOKY TOOTHのマイク・ケリー。トリオならではのシンプルでパワフルなハードロックは非常にヘヴィで、曲のほうも素晴らしい。

1曲目「Butter Queen」のドタバタなハードロックには鳥肌が立つ。まるでライブを聴いてるかのようにギター、ベース、ドラムが全力でぶつかってくるようなサウンドにはノック・アウトです。とくに手数足数多くパワフルなマイクのドラムは強烈だ。タイトル曲の「A Third Of A Lifetime」はアコースティックのインスト曲。メロディーのセンスが良いので、ハードロックだけでなくバラードも素晴らしい。6曲目の「Three Man Army」や他の曲でもそのセンスが光っている。「Agent Man」は弾きまくり「See What I Took」ではポップな曲だがマシンガンなリフが炸裂などポールのギターには驚かされることは多々あり。メロトロンを使用した切ないメロディーの「Together」は名曲でしょう。途中ハードロックに転調するドラマティックな展開は「天国への階段」に匹敵するかもしれません。

Three Man Army Mahesha

メンバー
・Paul Gurvitz (g, vo)
・Adrian Gurvitz (b, vo)
・Tony Newman (ds)

Mahesha

1973年

1. My Yiddishe Mama
2. Hold On
3. Come On Down to Earth
4. Take Me Down from the Mountain
5. Woman
6. Mahesha
7. Take a Look at the Light
8. Can't Leave the Summer
9. The Trip

2ndアルバム。ヨーロッパでは「Mahesha」というタイトルが付けられてます。ドラムにはジェフ・ベック・グループなどにいたトニー・ニューマン。前作は元スプーキー・トゥースのマイク・ケリーでパワフルで手数足数多いドラムでしたが、トニーも同様パワフルで手数足数多いが無駄なくすっきりしてます。

1曲目「My Yiddishe Mamma」はちょっとヘヴィメタル的なイントロ曲です。続く「My Yiddishe Mamma」はヘヴィなミドル・テンポの曲で、3曲目「Come Down To Earth」もヘヴィなリフの曲です。ねちっとした音はとても英国的です。「Can I Leave The Summer」はファンキーでなかなかスリリングな曲。切れの良いドラムが非常に気持ち良いです。

Three Man Army Two

メンバー
・Paul Gurvitz (g, vo)
・Adrian Gurvitz (b, vo)
・Tony Newman (ds)

Two

1974年

1. Polecat Woman
2. Today
3. Flying
4. Space Is the Place
5. Irving
6. I Can't Make the Blind See
7. Burning Angel
8. In My Eyes

3rdアルバム。バンドの作品の中では最もヘヴィなサウンドです。最高傑作と言えるかもしれない作品を残し、この後ドラマーにジンジャー・ベイカーを加えてベイカー・ガーヴィッツ・アーミーを結成することになる。

ややメタリックな「Polecat Woman」のリフはなかなか攻撃的。ドラム・ソロがあったりとなかなかインパクトのある曲です。寂しげな曲調で泣きのギターがしみる「Today」。「Flying」はポップだがサウンドはけっこうヘヴィ。哀愁漂うバラード「Space Is The Place」はストリングスを使っておりドラマティックな曲になっている非常にメロディーの良い曲です。「Irving」は攻撃的なリフのイントロがなかなかインパクトのあるインスト曲。中間にベース・ソロ的なものがあり、ファズ・エフェクターを使っていてブンブン唸らせてます。のんびりとした曲「I Can't Make The Blind See」を挟んでヘヴィでファンキーな「Burning Angel」はノリが良くハードでかっこいいです。

関連アーティスト

Baker Gurvitz army, Gun

広告