MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ジャズ・ロック
Tony Williams

Tony Williams (トニー・ウィリアムス)

Tony Williams Lifetime トニー・ウィリアムス Emergency

メンバー
・Tony Williams (ds, vo)
・John McLaughlin (g)
・Lary Young (org)

Emergency!

1969年

1. Emergency
2. Beyond Games
3. Where
4. Vashkar
5. Via The Spectrum Road
6. Spectrum
7. Sangria For Three
8. Something Special

弱冠18歳でデビューしたジャズ・ドラマー、トニー・ウィリアムスのリーダー作。1963年から5年ほどマイルス・デイヴィスのバンドで活動した後、クリームやジミヘンなどの当時のロック・シーンに刺激され、ジャズにロックを取り入れた自身のバンド、ライフタイムを結成する。

ギターには後にマハヴィシュヌ・オーケストラを結成するジョン・マクラフリン。鍵盤奏者にオルガンのコルトレーンと呼ばれたラリー・ヤングが参加。ロック色強いサウンドと、激しいインプロヴィゼーションは今聴いても衝撃を受けるものになってます。

暴れまくるトニーのドラムとディストーションを効かせたマクラフリンのギターは攻撃的でなかなか強烈。全体の雰囲気を作り出している独特なサウンドのラリーがけっこういい仕事をしている。サイケやプログレ的でもあるので、そちらに興味をお持ちの方にもぜひ聴いて欲しいと思う。

革新的な作品だが当時は支持されなく、ライフタイムのコンセプトに近いマイルス・デイヴィスの「ビッチェズ・ブリュー」が注目されちょっと隠れてしまったようです。この作品は「ビッチェズ・ブリュー」と並んでジャズ・ロックを語る上で重要でしょう。

関連アーティスト

Mahavishnu Orchestra, Spectrum Road, Trio Of Doom

広告