MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
プログレッシブ・ロック
Trace

Trace (トレース)

Trace トレースの魔術

Trace

邦題「トレースの魔術」1974年

1. Gaillarde
2. Gare Le Corbeau
3. Gaillarde
4. The Death Of Ace
5. The Escape Of The Piper
6. Once
7. Progression
8. A Memory
9. The Lost Past
10. A Memory
11. Final Trace

[Bonus Tracks]
12. Progress
13. Tabu

オランダのプログレッシブ・ロック・バンド、トレースの1stアルバム。トリオ編成でクラシック音楽を取り入れたテクニカルなキーボード・ロックです。トリオ編成のキーボード・ロックというとEL&Pを思い浮かべるが、このバンドの音楽性は同国のFOCUSに近い気がする。

曲はクラシカルなロックやハード・ロック、ジャズなどに次々と忙しい感じで発展していく。次作と比べて荒削りだがその分、勢いがあってパワフルです。この作品はブリティッシュ・ハード・ロックが好きであれば十分聴ける内容なので、気軽に聴ける痛快なプログレッシブ・ロックです。

Trace Birds 鳥人王国

Birds

邦題「鳥人王国」1975年

1. Bourre
2. Snuff
3. Janny (In a Mist)
4. Opus 1065
5. Penny
6. Trixie-Dixie
7. King-Bird

[Bonus Tracks]
8. Birds (Short Edit)
9. Tabu (Second Version)

2ndアルバム。前作と同じくクラシック音楽を取り入れたテクニカルなキーボード・ロックで、ハード・ロックやバロック調だったり、あとジャズになったりとユニークです。ジャズ調の曲の中にもクラシックの曲が隠れてたりとちょっと面白いです。オルガン、チェンバロ、シンセ、メロトロンといろいろ使い色鮮やか。

「King-Bird」は20分以上の大曲で、EL&Pなノリでクラシカル・ロックを展開します。ドラマチックで壮大なとこもあるが、重くなり過ぎず適度にポップで気持ちよく聴ける。アルバム全体チェンバロの音が印象に残り、前作のブリティッシュ色強い作品とちがってヨーロッパ的ですね。

Trace White ladies

White ladies

1976年

1. Legend, Pt.1
2. Interlude I
3. Confrontation
4. Interlude II
5. Dance of the White Ladies
6. Doubts
7. Trace I
8. Witches' Dance
9. Surrender
10. Interlude III
11. Pathetique
12. Legend, Pt.2
13. Interlude IV
14. The Rescue
15. Trace II
16. Back Home
17. Meditation (For Rene)
18. Flash Back
19. Conclusion

3rdアルバム。トレースの最後のアルバムで、オランダに古くから伝わる物語をテーマにしたコンセプト・アルバムです。ハードロック色は後退しましたがトレースらしさはそのままで、オーケストラを導入してますのでよりクラシカルな雰囲気になっています。

前2作はテクニカルでパワフルだったが、この作品ではコンセプト・アルバムということで調和のため控えめ。賛否が分かれるかもしれないが完成度は高いです。トレースとしてでなく、リック・ヴァン・ダー・リンデンのソロとして聴くのが良いでしょう。

関連アーティスト

Darryl Way's WOLF

広告