MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
Twilightning

Twilightning (トワイライトニング)

Twilightning Delirium Veil

メンバー
・Heikki Poyhia (vo)
・Tommi Sartanen (g, vo)
・Ville Wallenius (g)
・Jussi Kainulainen (b)
・Mikko Naukkarinen (key)
・Juha Leskinen (ds)

Delirium Veil

2003年

1. Gone To The Wall
2. At The Forge
3. Jester Realm
4. Delirium Veil
5. Return To Innocence
6. Under Somber Skies
7. Seventh Dawn
8. Enslaved To The Mind
9. Masked Ball Dalliance
10. The Escapist
11. Affection Seeker

フィンランドのテクニカルなメロディック・メタル・バンド、トワイライトニングの1stアルバム。フィンランドらしくメロディックで、デビューアルバムとしては完成度が高いです。ソナタみたいにピロピロとしたスピード・メタルではなく正統派寄りですね。

「Gone To The Wall」は非常に覚えやすメロディーのギターと歌メロで、キーボードは影ながらダイナミックなサウンドを出していて厚みを出している。「At The Forge」はツイン・リードの美しいミドル・テンポの曲。これもメロディーが非常に耳に残る。「Jester Realm」もこれまたツイン・リードの美しい。1980年代的な臭いがする曲です。タイトル曲「Delirium Veil」はソナタばりのスピード・メタル。いい曲だがこのバンドにはあまりテンポの速い曲は合わないかも? でも後半の疾走曲「The Escapist」はプログレ的で非常にかっこいい。

中盤以降も非常にテクニカルでメロディックな曲が続くが、ちょっと同じような曲が多い気がする。でも捨て曲は一切無いと思います。

Twilightning Plague House Puppet Show

メンバー
・Heikki Poyhia (vo)
・Tommi Sartanen (g, vo)
・Ville Wallenius (g)
・Jussi Kainulainen (b)
・Mikko Naukkarinen (key)
・Juha Leskinen (ds)

Plague-House Puppet Show

2004年

1. Plague-House Puppet Show
2. Into Treason
3. The Fiend
4. Victim of Deceit
5. Painting the Blue
6. In the Fervor's Frontier
7. Fever Pitch
8. Diamonds of Mankind
9. Riot Race
10. Lubricious Thoughts
11. Goddess Of Fortune (Bonus Track)
12. Wind-Up Toy (Bonus Track)

2ndアルバム。前作の延長線的な作品だが1stからの成長がかなり感じられる。相変わらずメロディは北欧らしくキラキラと輝いていてテクニックも満載。

1曲目のタイトル曲「Plague-House Puppet Show」はテクニックと良質なメロディーが満載。前作には無い迫力にも圧倒。「Victim Of Deceit」はダンス・ミュージックのビートをミックスした感じのユニークな疾走曲。「Painting The Blue Eyes」はバラード曲でこれはなかなか壮大で美しい。「In The Fervor's Frontier」のメロディーは北欧らしい哀愁のある曲。この曲は密かに名曲かも?。「Fever Pitch」や「Riot Race」はこのバンドお得意な1980年代的な疾走曲。かっこいいリフと透明感のあるサウンドが気持ち良い。

この作品は前作であった同じような曲が続くことなく楽曲の幅が少し広がってます。3rdアルバムではキーボードが抜け路線変更し、別のバンドになってしまった感じがする。残念なことにその後、解散してしまったようです。

広告