MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ハードロック
UFO

UFO

Information

スコーピオンズのギタリストだったマイケル・シェンカーは、バンドに誘われイギリスへ。英語が出来なかったマイケルは精神的に追いつめられながらも仕事をこなし、名盤を数多く残している。マイケルはギターはレスポール・モデルを使っていたが、兄ルドルフのフライングVと交換し使い始めた。

UFO 現象

メンバー
・Phil Mogg (vo)
・Michael Schenker (g)
・Pete Way (b)
・Andy Parker (ds)

Phenomenon

1974年

1. Too Young To Know
2. Crystal Light
3. Doctor Doctor
4. Space Child
5. Rock Bottom
6. Oh My
7. Time On My Hands
8. Built For Comfort
9. Lipstick Traces
10. Queen Of The Deep

Bonus tracks
11. Sixteen [Demo]
12. Oh My [Demo]
13. Give Her The Gun [Single]
14. Sweet Little Thing [Single]
15. Sixteen [Previously Unreleased Studio Track]
16. Doctor Doctor [Live]

マイケル・シェンカー加入後の最初の名盤。泣きのギターが素晴らしい「Doctor Doctor」、ギターのリフが非常に印象な「Rock Bottom」は言うまでもなく名曲。この2曲が非常に大きく他の曲が平坦に聞こえてしますが、所々でシェンカー節が聴けるので外せませんね。

ボーナス・トラックに入ってる「Doctor Doctor」は74年のBBC音源で、ポール・チャップマンとツイン・リード。 他、貴重な音源が多数入ってます。

UFO Force it

メンバー
・Phil Mogg (vo)
・Michael Schenker (g)
・Pete Way (b)
・Andy Parker (ds)

Force it

1975年

1. Let It Roll
2. Shoot Shoot
3. High Flyer
4. Love Lost Love
5. Out In The Street
6. Mother Mary
7. Too Much Of Nothing
8. Dance Your Life Away
9. This Kid's

Bonus tracks
10. A Million Miles [Previously Unreleased Studio Track]
11. Mother Mary [Live]
12. Out In The Street [Live]
13. Shoot Shoot [Live]
14. Let It Roll [Live]
15. This Kid's [Live]

名盤「現象」に続く名盤。よりヘヴィになったがちょっと個人的に好きな曲が少ないかも。定番「Let it Roll」「Shoot Shoot」もいいのだが、アコギの曲「High Flyer」がすごく泣けていい。ちょっと退屈な曲もあるかもしれないが、マイケルのギターソロが最高なものがけっこう多いと思います。

UFO No Heavy Petting

メンバー
・Phil Mogg (vo)
・Michael Schenker (g)
・Pete Way (b)
・Danny Peyronel (Key)
・Andy Parker (ds)

No Heavy Petting

1976年

1. Natural Thing
2. I'm A Loser
3. Can You Roll Her
4. Belladonna
5. Reasons Love
6. Highway Lady
7. On With The Action
8. A Fool In Love
9. Martian Landscape

Bonus tracks [Previously Unreleased]
10. All Or Nothing
11. French Kisses
12. Have You Seen Me Lately Joan
13. Tonight Tonight
14. All The Strings

マイケルはこのアルバムが好きじゃないらしいが、しっかり仕事をこなしてくれてます。ノリノリの定番ロックン・ロールや切ないメロディのアコギナンバーがあるのでこれも必聴です。

「CAN YOU ROLL HER」は後のHMな疾走曲。次作の「LIGHTS OUT」もメタリックなのだが、「CAN YOU ROLL HER」のほうがハードで、哀愁メロディーもあるのもいいです。「Reasons Love」もメタルなほうかな。あと「On With the Action」にも注目。これはまるでスコーピオンズのような哀愁ハード・ロック。マイケルの精神が反映された曲だろうか?失踪する姿が目に浮かんでしまう。ウェットな曲「Martian Landscape」で終わるのが非常にいい。泣きのギターが非常に心に染みます。

UFO 新たなる殺意

メンバー
・Phil Mogg (vo)
・Michael Schenker (g)
・Pete Way (b)
・Paul Raymond (Key, g)
・Andy Parker (ds)

Lights Out

邦題「新たなる殺意」1977年

1. Too Hot To Handle
2. Just Another Suicide
3. Try Me
4. Lights Out
5. Gettin' Ready
6. Alone Again
7. Electric Phase
8. Love To Love

Bonus tracks
9. Lights Out [Live]
10. Gettin' Ready [Live]
11. Love To Love [Live]
12. Try Me [Live]

アルバムはアメリカ進出にむけた作風になってるもののマイケルの鬼気迫る音のほうが非常に印象に残る。これもまたUFOを語る上では外せない名盤です。

まず1曲目はライブの定番の一つ「Too Hot To Handle」(邦題:燃えたぎるギター)はポップなロックンロール。刻みの良いリフと覚えやすいメロディーが耳に残ります。名曲の一つ「Try Me」はピアノの響きが美しいバラード。今作から導入しているストリングスはこの曲で一番発揮していると思う。続く「Lights Out」も名曲で、後のヘヴィ・メタル・ムーブメントを思わせる鋭いリフの疾走曲。緊張感が非常に有り、マイケルのソロは鬼の如く弾きまくっている。「Alone Again Or」(邦題:ひとりぼっちのロックンロール)はLOVEというバンドのカヴァー曲。プロデューサーのアイデアらしいが、マイケルのセンスが光る良い曲です。「Love To Love」は神秘的なイントロが印象に残るバラードの名曲。曲の完成度が高く、ドラマティックな展開に鳥肌が立つ。終わりのマイケルの泣きのギターはまさしく神ですね。

UFO 宇宙征服

メンバー
・Phil Mogg (vo)
・Michael Schenker (g)
・Pete Way (b)
・Paul Raymond (Key, g)
・Andy Parker (ds)

Obsession

邦題「宇宙征服」1978年

1. Only You Can Rock Me
2. Pack It Up (And Go)
3. Arbory Hill
4. Ain't No Baby
5. Lookin' Out For No 1
6. Hot 'N' Ready
7. Cherry
8. You Don't Fool Me
9. Lookin' Out For No 1 (Reprise)
10. One More For The Rodeo
11. Born To Lose

Bonus tracks
12. Hot 'N' Ready [Live]
13. Pack It Up (And Go) [Live]
14. Ain't No Baby [Live]

1970年代マイケル・シェンカー在籍時最後のスタジオ。マイケルはボロボロだったと思うが、まったくそんなことを感じさせない完成度高いアルバムになっている。

まず1曲目「Only You Can Rock Me」はポップなロックンロールだが、メロディーがすごく光る名曲。覚えやすいメロディーとマイケルの神なギター・ソロにノックアウト。「Pack It Up」はヘヴィなミドル・ナンバー。パワフルなドラムが気持ちの良い曲で、マイケルのギターも唸りまくっている。「Arbory Hill」はたて笛とアコギによる短いインストだが、哀愁があり非常に美しくて泣ける。「Ain't No Baby」は「Pack It Up」と同じくヘヴィでドラムがパワフルなナンバー。「Lookin Out For Number 1」はストリングスを活かしたドラマティックなバラード。「Hot 'n' Ready」はこれまたヘヴィなナンバー。この曲でのマイケルのギターは非常にクレイジーだ。怒りと悲しみの感情が入ったかのような音が突き刺さる。9曲目で再び「Lookin Out For Number 1」が戻ってくる。マイケルの泣きのギターに涙。「One More For The Rodeo」は密かに名曲だと思われる曲。マイケルはギターを弾きまくっており、曲は湿りっ気たっぷり。この曲はなんかマイケルのためのインスト曲のような気がする。アルバムの最後を飾るバラード曲「Born To Lose」も隠れた名曲になっていると思う。マイケルの泣きのギターとストリングスの絡みが非常に美しい。

UFO ライヴ

メンバー
・Phil Mogg (vo)
・Michael Schenker (g)
・Pete Way (b)
・Paul Raymond (Key, g)
・Andy Parker (ds)

Strangers In The Night

邦題「UFOライヴ」1979年

1. Hot 'N' Ready
2. Cherry
3. Let It Roll
4. Love To Love
5. Natural Thing
6. Out In The Street
7. Only You Can Rock Me
8. Mother Mary
9. This Kid's
10. Doctor Doctor
11. I'm A Loser
12. Lights Out
13. Rock Bottom
14. Too Hot To Handle
15. Shoot Shoot

1978年の全米ツアーを収録したライブ・アルバム。リマスターになってから「Hot 'n' Ready」「Cherry」が収録され、セットリストも曲順通りに直されている。このライヴ・アルバムは音的にスタジオのほうが勝るものもあるかもしれないが、ライヴならではのテンションとアドリヴが素晴らしい。

マイケルは失踪したりしてた時期なのにライヴではまったくそんな状況を感じさせない。プレイのひとつひとつに魂がこもってるかのように感情のこもったギターがスタジオ以上に伝わってくる。なぜ神と呼ばれてたかはこのライヴ・アルバムを聴けばわかるでしょう。キーボード兼ギターのポール・レイモンドのプレイも非常に素晴らしく、その見事な切り替えを楽しむのも有りでしょう。

選曲は定番の名曲が並んでるため、よくあるベスト・アルバムを買うよりベストだ。注目はやはり後半だろう。「Doctor Doctor」「Lights Out」「Rock Bottom」の定番名曲のプレイはこのアルバムが一番ゾクゾクさせられる。このアルバムはマイケル・シェンカーを語る上で外せない1枚です。

UFO BBC

IN SESSION AND LIVE IN CONCERT

1999年

1. Rock Bottom
2. Time On My Hands
3. Give Her the Gun
4. Too Hot to Handle
5. Lights Out
6. Try Me
7. Oh My
8. Built for Comfort
9. Space Child
10. Doctor Doctor
11. Let It Roll
12. Mother Mary
13. Out in the Street
14. Shoot Shoot

74年から77年までのBBC音源集です。UFOのライブは「STRANGERS IN THE NIGHT」が有名ですが、BBCのほうも聴き所満載です。まずテンションはBBCのほうが高いと思います。さらにマイケルとポール・チャップマンとのツインリードが聴けるのも素晴らしい。まあBBC音源なので本物のライブのような迫力は足りないかもしれないが、定番曲はちゃんとあるし、素晴らしいプレイが聴けるので必聴ですね。

関連アーティスト

Michael Schenker Group, Scorpions

広告