MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ハードロック
Vandenberg

Vandenberg (ヴァンデンバーグ)

Vandenberg ヴァンデンバーグ ネザーランドの神話

メンバー
・Bert Heerink (vo)
・Adrian Vandenberg (g)
・Dick Kemper (b, vo)
・Jos Zoomer (ds)

Vandenberg

邦題「ネザーランドの神話」1982年

1. Your Love Is in Vain
2. Back on My Feet
3. Wait
4. Burning Heart
5. Ready for You
6. Too Late
7. Nothing to Lose
8. Lost in a City
9. Out in the Streets

オランダのギタリスト、エイドリアン・ヴァンデンバーグが結成したハードロック・バンドの1stアルバム。70年代の香り残るストレートなハードロックで、所々にヘヴィメタル・ブームを意識したかのような曲があるが若々しさと勢いのある良作です。

「Your Love Is in Vain」はややブルージーな曲。「Back On My Feet」「Wait」はなかなかメロディアスなハードロックだが、ちょっと田舎臭い雰囲気がある。「Burning Heart」はメロディの良いバラード曲で、エイドリアンの泣きのギターもいい感じ。「Ready For You」はイントロのポップなギターが浮いてる感じがするが、メタルを意識したかのような疾走曲。歌のメロはしっかりしてます。「Too Late」はハードブギーな疾走曲。ライトハンド奏法を入れつつ情熱的なソロがかっこいい。「Nothing To Lose」「Lost In A City」はノリの良いメロディアスなハードロック。「Out In The Streets」は「Ready For You」よりはメタリックな疾走曲。ツーバスで始まるなかなか力強い曲です。

Vandenberg ヴァンデンバーグ Heading for a Storm 誘惑の炎

メンバー
・Bert Heerink (vo)
・Adrian Vandenberg (g)
・Dick Kemper (b, vo)
・Jos Zoomer (ds)

Heading for a Storm

邦題「誘惑の炎」1983年

1. Friday Night
2. Welcome to the Club
3. Time Will Tell
4. Different Worlds
5. This Is War
6. I'm on Fire
7. Heading for a Storm
8. Rock On
9. Waiting for the Night

成長を感じさせる2ndアルバム。前半3曲がハードポップな感じで浮いてるのがちょっと残念だが、良い曲があるのでこれもなかなかの良作です。

「Different Worlds」は哀愁漂うメロディアスなバラードで、アコースティック・ギターの響きが美しい。「This Is War」は様式美なハードロックでイングヴェイの作品にあってもおかしくない雰囲気です。ギターソロでのエイドリアンの泣きのギターがすごくいいです。ラスト「Waiting For The Night」はメタリックな疾走曲。前作の疾走曲より質が上がってますね。

広告