MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
Vicious Rumors

Vicious Rumors (ヴィシャス・ルーマーズ)

Information

アメリカの正統派ヘヴィメタル・バンド、ヴィシャス・ルーマーズ。USパワー・メタルを代表するバンドで、正統派らしく装飾の無いサウンドです。1stアルバムは速弾きギタリスト、ヴィニー・ムーアをデビューさせるため、マイク・ヴァーニーに利用されてしまうが、その後のメンバーチェンジにより正統派らしいバンドを確立してます。

Vicious Rumors Soldiers Of The Night

メンバー
・Gary St. Pierre (vo)
・Geoff Thorpe (g)
・Vinnie Moore (g)
・Dave Starr (b)
・Larry Howe (ds)

Soldiers Of The Night

1985年

1. Premonition (Inst)
2. Ride (Into the Sun)
3. Medusa
4. Soldiers of the Night
5. Murder
6. March or Die
7. Blitz the World
8. Invader (Inst)
9. In Fire
10. Domestic Bliss
11. Blistering Winds

ヴィニー・ムーアのデビュー作となる1stアルバム。ヴィニー・ムーアのネオクラシカルなプレイがあるため、後のストレートなサウンドの作品と比べて異色作である。しかし正統派ヘヴィメタルであることは変わりなく、メロディックな部分はなかなか素晴らしい。ボーカルはマーティ・フリードマンと一緒に結成したバンド、ハワイのボーカルだったゲイリー・セント・ピアー。

1曲目「Premonition」はヴィニーのネオクラシカルなインストで始まる。「Ride (Into the Sun)」は荒々しいパワーメタル曲。ボーカルはけっこうハイトーンです。「Medusa」はイントロやソロのネオクラシカルなプレイが美しい。タイトル曲「Soldiers of the Night」は正統派らしいミドルテンポの曲はメロディアス。「Murder」「March or Die」あたりはNWOBHMを臭わすような曲になってる。「Blitz the World」「In Fire」はこのバンドらしいパワーメタル曲でストレート。「Invader」はヴァン・へイレンのようなギター大会なインスト曲。ネオクラシカルなのでヴァン・へイレンとイングヴェイの間をとったような曲です。

Vicious Rumors Digital Dictator

メンバー
・Carl Albert (vo)
・Geoff Thorpe (g)
・Mark McGee (g)
・Dave Starr (b)
・Larry Howe (ds)

Digital Dictator

1988年

1. Replicant
2. Digital Dictator
3. Minute to Kill
4. Towns on Fire
5. Lady Took a Chance
6. Worlds and Machines
7. The Crest
8. R.L.H.
9. Condemned
10. Out of the Shadows

バンドの真の出発点となる2ndアルバム。ボーカルには今は亡きカール・アルバートが加入。ヴィニー・ムーアの後任はマーク・マクギー。前作より非常にストレートな作品になってます。この作品をヴィシャス・ルーマーズの中では一番の名盤と言う声は非常に多いです。

まずイントロ曲「Replicant」に続いて「Digital Dictator」はストレートな正統派ヘヴィメタル。歌唱力のあるカール・アルバートのボーカルはインパクトがある。「Minute To Kill」「Out Of The Shadows」などの疾走曲は前作より芯がある。

Vicious Rumors 3rd

メンバー
・Carl Albert (vo)
・Geoff Thorpe (g)
・Mark McGee (g)
・Dave Starr (b)
・Larry Howe (ds)

Vicious Rumors

1990年

1. Don't Wait for Me
2. World Church
3. On the Edge
4. Ship of Fools
5. Can You Hear It
6. Down to the Temple
7. Hellraiser
8. Electric Twilight
9. Thrill of the Hunt
10. Axe and Smash

この3rdアルバムは名盤に挟まれてか存在が薄い。が、これもなかなか素晴らしいアルバムなのです。基本前作と変わらない路線ですが、ちょっと地味かもしれません。

他のアルバムでも言えることだが、引き締まったサウンドとカール・アルバートのボーカルは最高です。名曲「Don't Wait For Me」を聴かずしてバンドを語ることはできない。

Vicious Rumors Welcome to the Ball

メンバー
・Carl Albert (vo)
・Geoff Thorpe (g)
・Mark McGee (g)
・Dave Starr (b)
・Larry Howe (ds)

Welcome to the Ball

1992年

1. Abandoned
2. You Only Live Twice
3. Savior From Anger
4. Children
5. Dust to Dust
6. Raise Your Hands
7. Strange Behavior
8. Six Stepsisters
9. Mastermind
10. When Love Comes Down
11. Ends of the Earth

最高傑作とされる4thアルバム。グランジの波が押し寄せる中だがバンドらしさを保っている。カール・アルバートのボーカルは最高潮で非常に素晴らしい声を聴かせてくれます。

楽曲の幅が若干広がっており、だれることはないでしょう。非常に完成度が高くUSパワー・メタル史上に残る名盤ですね。

Vicious Rumors Warball

メンバー
・James Rivera (vo)
・Geoff Thorpe (g)
・Thaen Rasmussen (g)
・Dave Starr (b)
・Larry Howe (ds)

ゲスト
・Brad Gillis (g)

Warball

2006年

1. Sonic Rebellion
2. Mr. Miracle
3. Dying Every Day
4. Immortal
5. Warball
6. Crossthreaded
7. The Wheels Of Madness
8. Windows Of Memory
9. A Ghost Within
10. Oceans Of Rage

原点回帰した12thアルバム。中心人物のジェフ・ソープ以外総入替。オリジナル・メンバーのデイヴ・スターとラリー・ハウが復帰してます。さらにブラッド・ギルスが一時期加入と表明してたらしいが、ゲスト扱いになった。 この作品は過去の名盤を軽々と超えてしまったかのような素晴らしい作品です。

1曲目「Sonic Rebellion」 はこれぞVRと言える疾走曲で即ノック・アウト確実!。ボーカルのジェイムズ・リヴェラはロブ・ハルフォードに憧れてただけあって素晴らしいハイトーンを聴かせてくれます。カール・アルバート以上かもしれませんね、 6曲目「Crossthreaded」 ジェフ・ソープがリード・ボーカルです。味のある声なのでこれも有りかなと思います。曲もけっこういい。 ラスト「Oceans Of Rage」 最後まで手を抜いてません。初期のメタル・チャーチのような強烈なリフの嵐です。

Vicious Rumors Razorback Killers

メンバー
・Brian Allen (vo)
・Geoff Thorpe (g)
・Kiyoshi Morgan (g)
・Stephen Goodwin (b)
・Larry Howe (ds)

Razorback Killers

2011年

1. Murderball
2. Razorback Blade
3. Black
4. Blood Staind Sunday
5. Pearl Of Wisdom
6. All I Want Is You
7. Axe To Grind
8. Let The Garden Burn
9. Right Of Devastation
10. Deal With The Devil

祝デビュー25周年!。ジェイムズ・リヴェラが脱退してどうなったかな?と数年。また大幅なメンバーチェンジがあったので不安でしたが、アルバム聴いてビックリ!最高傑作と言ってもいいと思う出来です。

注目は新ボーカルのブライアン・アレン。ジェイムズも凄かったが、ブライアンもパワフルでハイトーンもOK。バンドのサウンドにもピッタリなので今度こそはしばらく居てほしい。作品はさらに原点回帰してると思うが、パワフルな感じは過去最高だと思う。

3曲目から6曲目までミドル・テンポがちょっと続き過ぎと思ったのでそこはちょっと不満。まあ疾走曲まで待てばそんなことは一気に吹っ飛ぶ。これぞUS最強パワー・メタル・バンドと言える内容ですね。

Vicious Rumors Live You To Death

メンバー
・Brian Allen (vo)
・Geoff Thorpe (g)
・Thaen Rasmussen (g)
・Stephen Goodwin (b)
・Larry Howe (ds)

Live You To Death

2012年

1. Replicant / Digital Dictator
2. Minute To Kill
3. Murderball
4. Lady Took A Chance (intro) / Down To The Temple
5. Abandoned
6. Let The Garden Burn
7. Hellraiser
8. Soldiers Of The Night
9. Don't Wait For Me
10. Sign Of The Southern Cross (Black Sabbath)
11. Running Wild (Judas Priest)

メンバーに Thaen Rasmussen がいるので James Rivera 脱退後のライヴかと思われます。初期の名曲が多くなかなか嬉しい内容です。1stの「Soldiers of the Night」までやってくれるとは驚き。音質良好で良い出来です。10曲目はディオ在籍時ブラック・サバスの「Mob Rules」からの曲、11曲目はジューダス・プリーストの「Killing Machine」からの曲です。

広告