MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ハードロック
Vinnie Vincent Invasion

Vinnie Vincent Invasion
(ヴィニー・ヴィンセント・インヴェイジョン)

Information

一時期KISSに在籍してたことがあるギタリスト、ヴィニー・ヴィンセントのバンド。KISSでは許されなかった超絶な速弾きギターを全面に押し出し話題となる。バンド解散後は仕事がうまくいかず、現在は現在消息不明のようです。

ヴィニー・ヴィンセント・インヴェイジョン

メンバー
・Robert Fleischman (vo)
・Vinnie Vincent (g, vo)
・Dana Strum (b, vo)
・Bobby Rock (ds)

Vinnie Vincent Invasion

1986年

1. Boyz Are Gonna Rock
2. Shoot You Full of Love
3. No Substitute
4. Animal
5. Twisted
6. Do You Wanna Make Love
7. Back on the Streets
8. I Wanna Be Your Victim
9. Baby-O
10. Invasion

1stアルバム。イングヴェイ並みに弾き、イングヴェイ並みの衝撃があるのだが、散らかった音といった感じなのでこのプレイには賛否があるかもしれない。しかし、非常にテクニカルなギタリストであることは確かです。

まずはキャッチーな曲「Boyz Are Gonna Rock」。イントロから変態的なギタープレイが炸裂してるが、ボーカルがハイトーンでキャラクター負けしてない。疾走曲「Twisted」は刻みの良いシンプルなリフが非常に気持ちいい。ヴィニーのギターソロ大会は最高潮といってもどれも最高潮かな?。「Back On The Streets」はヨーロッパのジョン・ノーラムがカヴァーしたバラード曲。ヴィニーのギターはザクザクしてるのでノーラムのバージョンが良いかも。ノーラムのほうはボーカルがヨラン・エドマンで、演奏は非常に大人の雰囲気が漂っている。

このアルバムはどれも曲的に普通なのだが、ヴィニーが弾きまくり過ぎて浮いてます。人によっては笑いが止まらないかもしれません。

ヴィニー・ヴィンセント・インヴェイジョン All Systems Go

メンバー
・Mark Slaughter (vo)
・Vinnie Vincent (g, vo)
・Dana Strum (b, vo)
・Bobby Rock (ds)

All Systems Go

1988年

1. Ashes to Ashes
2. Dirty Rhythm
3. Love Kills
4. Naught Naughty
5. Burn
6. Let Freedom Rock
7. That Time of Year
8. Heavy Pettin
9. Ecstasy
10. Deeper and Deeper
11. Breakout
12. Meltdown
13. Ya Know - I'm Pretty Shot

2ndアルバム。前作のやり過ぎな演奏に反省し、落ち着いた演奏になり完成度が高まりました。ボーカルは後にスローターを結成するマーク・スローター。レッド・ツェッペリンのロバート・プラントを彷彿させる声に誰が聴いても驚くでしょう。キングダム・カムのレニー・ウルフまでとはいかないが、それでもかなり近い声。ヴィニーは良い才能を持っているのに、このアルバムを最後に表舞台から遠のいているのが残念です。

バラード曲「Love Kills」「That Time Of Year」「Ecstacy」でのボーカルは非常に美しく、曲も非常にメロディアスで素晴らしい。やっぱロバート・プラントが歌ってるような感覚に陥る。

さてヴィニーのほうだが、ギターソロは1st同様のとんでもないプレイが飛び出すが、それでも落ち着いた。曲は基本LAメタルで所々にテクニカルなプレイが有り。前作がうるさすぎたのでかなり大人しくなってしまった感があるのだが、これが丁度いいはずです。

このアルバムの中では唯一の疾走曲「Breakout」はかなりかっこいい。なんかごちゃごちゃ弾きそうな曲だがやっぱ落ち着いてる。ギターソロのクレイジーっぷりは最高。ラスト「Ya Know - I'm Pretty Shot」はクラシック・ギターを使った演奏。

広告