MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2019/2/17
White Lion に「Fight To Survive」を追加。
2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
メロディアスハード
White Lion

White Lion (ホワイト・ライオン)

White Lion Fight To Survive

メンバー
・Mike Tramp (vo)
・Vito Bratta (g)
・James Lomenzo (b)
・Greg D' Angelo (ds)

Fight To Survive

1985年

1. Broken Heart
2. Cherokee
3. Fight to Survive
4. Where Do We Run
5. In the City
6. All the Fallen Men
7. All Burn in Hell
8. Kid of 1000 Faces
9. El Salvador
10. Road to Valhalla

[Bonus track]
11. Hungry (Live)
12. Don't Give Up (Live)
13. Lonely Nights (Live)
14. Sweet Little Lovin' (Live)
15. Broken Heart (Live)
16. Fight to Survive (Live)
17. Tell Me (Live)

アメリカのメロディアスハードロック・バンドの1stアルバム。マイク・トランプのハスキーなボイスは賛否が分かれるが、ヴィト・ブラッタというギタリストが優秀でテクニカルなプレイも聴かせてくれる。マイク・トランプはデンマーク出身ということで曲に欧州的な雰囲気があるのはその影響もあるのかもしれない。

名盤2ndアルバムと比べて作風はほぼ同じだが1stは若干ヘヴィだ。曲の出来もどれも良く捨て曲なし。『Broken Heart』は4thアルバム『Mane Attraction』で再録されるこのバンドらしい哀愁メロディの曲。フラメンコギターで始まる『El Salvador』なんかはこれもっと話題になってもよい正統派メタルの名曲じゃないかな?

最近のCDにはボーナストラックとして1stと2ndから選曲されたライヴ音源が収録されており、なかなか生々しい音でスタジオと違った荒さがかなりカッコイイ。こういう音のほうがマイク・トランプの声は気にならないですね。未収録の盤をお持ちの方はぜひ買い直して聴いて頂きたい。

White Lion Pride

メンバー
・Mike Tramp (vo)
・Vito Bratta (g)
・James Lomenzo (b)
・Greg D' Angelo (ds)

Pride

1987年

1. Hungry
2. Lonely Nights
3. Don't Give Up
4. Sweet Little Loving
5. Lady of the Valley
6. Wait
7. All You Need Is Rock N Roll
8. Tell Me
9. All Join Our Hands
10. When the Children Cry

ヒット作となった2ndアルバム。メロディアスハードの名盤としてもよく紹介される作品で、前作の欧州メロディ路線を残しつつもポップな曲も出てきたなと思ったが、やはりちょっと影のあるようなメロディが出てくるとこがこのバンドらしい。ヴィト・ブラッタのセンスの良いギタープレイも冴え渡っていて曲が単調にならないとこは流石だ。

前作であれだけ出してさらに名曲レベルをいくつも出してくるとは、今ではあまり話題にならないバンドですが凄いバンドだったと思いますよ。名曲『Hungry』はレア音源集『Anthology '83-'89』だともっとテンポが早くてカッコイイ。もし興味があればそちらもゲットしてみて比べてみるのも面白いかと思います。

広告