MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ハードロック
Winger

Winger (ウィンガー)

Information

アメリカのハードロック・バンド、ウィンガー。元アリス・クーパーのバンドのキップ・ウィンガーとポール・テイラーを中心に結成。クオリティの高いメロディアスなハードロックや、キャッチーなハードポップで人気を得ます。一旦は解散するも2006年に再結成し、作品を発表してます。

Winger ウィンガー

メンバー
・Kip Winger (b, vo)
・Reb Beach (g, vo)
・Paul Taylor (key, vo)
・Rod Morgenstein (ds, vo)

Winger

1988年

1. Madalaine
2. Hungry
3. Seventeen
4. Without the Night
5. Purple Haze
6. State of Emergency
7. Time to Surrender
8. Poison Angel
9. Hangin On
10. Headed for a Heartbreak
11. Higher and Higher

1stアルバム。メンバーそれぞれキャリアを積んでるため、最初からクオリティの高いアルバムになっています。キップ・ウィンガーはなかなか歌唱力あるし、レブ・ビーチは独特なタッピングを含めたテクが光る。ロッド・モーゲンステインはDIXIE DREGSというジャズ・ロックのバンドにいたこともあってか、よく聴くと素晴らしいドラミングを聴かせてくれます。ついでにDIXIE DREGSはスティーヴ・モーズがいたバンドです。

作品はアメリカらしいハード・ロックからメロディアスなもの、キャッチーなハード・ポップ、AOR風なものまでけっこう幅広いと思います。メロディアスなのは「Hungry」「Time To Surrender」「Without The Night」「Headed For A Heartbreak」など哀愁たっぷりでメロディーの良さは抜群です。職人の技を感じる作品です。

Winger ウィンガー In the Heart of the Young

メンバー
・Kip Winger (b, vo)
・Reb Beach (g, vo)
・Paul Taylor (key, vo)
・Rod Morgenstein (ds, vo)

In the Heart of the Young

1990年

1. Can't Get Enuff
2. Loosen Up
3. Miles Away
4. Easy Come, Easy Go
5. Rainbow in the Rose
6. In the Day We'll Never See
7. Under One Condition
8. Little Dirty Blonde
9. Baptized by Fire
10. You Are the Saint, I Am the Sinner
11. In the Heart of the Young

2ndアルバム。売れ線狙いのためポップな曲が目立ち、気に入らない部分が前半にあるがこの作品も必聴ですね。

「Can't Get Enuff」はかなりポップだがこのノリの良さはいいですね。「Miles Away」は名曲中の名曲バラード。アメリカらしいメロウな曲です。「Rainbow In The Rose」は「Miles Away」に並ぶ名曲。都会的な音だがドラマティックでもある。完成度も高いのでこれを最高傑作と呼ぶ声も多い。「In The Day We'll Never See」も上質なメロディーのハードロック。

名曲が続くためか後半は少し地味かもしれないがクオリティの高い曲が並ぶ。「Baptized By Fire」はいい曲というわけではないが、イントロのレブのタッピングは必聴。終わりはタイトル曲「In The Heart Of The Young」。これも完成度が高く、個々のプレイが光るドラマティックな名曲です。

広告