MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。
2016/1/3
ロックに Cold BloodDada を、プログレッシブ・ロックに Fusion Orchestra を追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
プログレッシブ・ロック
Yes

Yes (イエス)

Information

英国プログレッシブ・ロックを代表するひとつ、イエス。難解な音と親しみやすいメロディーが織り混ざった多彩なサウンドは初心者でも聴きやすいかと思う。黄金期と言われる時期の作品「こわれもの」「危機」あたりはいつの時代でも衝撃を与えるでしょう。

Yes イエス The Yes Album サード・アルバム

メンバー
・Jon Anderson (vo)
・Steve Howe (g)
・Chris Squire (b)
・Tony Kaye (key)
・Bill Bruford (ds)

The Yes Album

邦題「サード・アルバム」1971年

1. Yours Is No Disgrace
2. Clap
3. Starship Trooper
  a. Life Seeker
  b. Disillusion
  c. Wurm
4. I've Seen All Good People
  a. Your Move
  b. All Good People
5. Venture
6. Perpetual Change

[Bonus Tracks]
7. Your Move (Single Version)
8. Starship Trooper (Single Version)
9. Clap (Studio Version)

3rdアルバム。ギターに表現力の高いスティーブ・ハウが加入したことでバンドはさらに個性的になっていく。この作品ではハウの存在感が凄く大きい。トニー・ケイはこの作品を最後に解雇されるが、私は彼のハモンド・オルガンを追求したサウンドはけっこうお気に入りだったりする。

まず「Yours Is No Disgrace」は様々な展開を見せてくれる10分近い大曲だが、イエスらしくリズミカルで色鮮やかなので長さを感じさせない。ハウのギターはジャズっぽいリードやトリッキーな録音によるダイナミックな音がなかなか面白い。

「Clap」はハウのカントリーチックなアコースティック・ギターによるソロ。イエスといったらこの曲もよく頭に浮かびます。リマスター盤にはスタジオ録音版も収録されてます。

タイトル通りスペイシーな「Starship Trooper」も印象に残る大曲で、穏やかなメロディーはけっこう耳に残りますね。ハウのカントリーなギターになったりとユニーク。

小曲「A Venture」はウェットなメロディーが良い英国らしい曲で密かに好きな曲です。後半の歌がなくなったあたりからの演奏がけっこうおもしろい。

大曲「Perpetual Change」では難解な音と展開をしてるが、遊びまくって散らかった感じがする。だがこういった実験的なことが成功へと繋がったのだと思う。

この作品は「こわれもの」「危機」の完成によって存在感が薄まってしまったが、間違いなく名盤のひとつだと思います。イエスを語る上では外せない作品ですね。

Yes イエス Fragile こわれもの

メンバー
・Jon Anderson (vo)
・Steve Howe (g)
・Chris Squire (b)
・Rick Wakeman (key)
・Bill Bruford (ds)

Fragile

邦題「こわれもの」1971年

1. Roundabout
2. Cans and Brahms
3. We Have Heaven
4. South Side of the Sky
5. Five Per Cent of Nothing
6. Long Distance Runaround
7. The Fish (Schindleria Praematurus)
8. Mood for a Day
9. Heart of the Sunrise

[Bonus Tracks]
10. America
11. Roundabout (Early Rough Mix)

4thアルバム。アート・ワークに初めてロジャー・ディーンを起用。キーボードの魔術師、リック・ウェイクマンが加入し、黄金期メンバーが完成。曲はどれも小粒なほうだが、楽曲のバラエティーが広がっており曲の完成度も高い。次作「危機」と並ぶ歴史的名盤です。

ヒット曲「Roundabout」はイエスらしいちょっとポップな曲。クリス・スクワイアの唸るベースやリック・ウェイクマンの神秘的なメロディーのキーボードなどで色鮮やか。ついでにこの曲は2012年にアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」のEDとして話題になっている。

「We Have Heaven」はジョン・アンダーソンの声をたくさん重ねたちょっと実験的な曲だが聴きどこのひとつ。「South Side Of The Sky」は歌詞の内容が悲しい物語で、やや難解で冷たいメロディーが印象的で緊張感もある。「Mood For A Day」は3rdの「Clap」がうけたのかここでもアコースティック・ギターによるソロをやっている。

「Heart Of The Sunrise」はイントロのギターとベースの激しいユニゾンが非常に印象的な曲で、この激しさはキング・クリムゾンのようだ。メロトロンの音色も緊張感があって鳥肌が立つ。

Yes イエス Close To The Edge 危機

メンバー
・Jon Anderson (vo)
・Steve Howe (g)
・Chris Squire (b)
・Rick Wakeman (key)
・Bill Bruford (ds)

Close To The Edge

邦題「危機」1972年

1. Close To The Edge
  i. The Solid Time Of Change
  ii. Total Mass Retain
  iii. I Get Up, I Get Down
  iv. Seasons Of A Man
2. And You And I
  i. Cord Of Life
  ii. Eclipse
  iii. The Preacher, The Teacher
  iv. Apocalypse
3. Siberian Khatru

[Bonus Tracks]
4. America (single version)
5. Total Mass Retain (single version)
6. And You And I (alternate version)
7. Siberia (studio run-through of "Siberian Khatru")

5thアルバム。全3曲のトータル・コンセプト・アルバムで、何度聴いても飽きさせない歴史的名盤です。ロジャー・ディーンのアートワークはいつもなら幻想的なイラストだが、この作品では緑を基調としたザラついたグラデーションのアートワークに仕上げている。これがまた非常に印象的でロジャー・ディーンの名作のひとつにもなった。

タイトル曲「Close To The Edge」はレコードの片面まるまる使った18分弱の大曲です。目まぐるしい展開と難解な音があるものの、気持ちよく耳に入ってくるからおもしろい。幻想的なコーラスの効いたボーカル、ヒステリックなギター、唸るベースに手数足数多いドラムはこれ以上無いかと思えるほど凄まじい。

「Siberian Khatru」はコーラスワークが爽快なメロディックな曲。ノリは軽いが、演奏はハードだ。キャッチーなメロディと、ややファンキーなリズム、ちょっとシンフォニックとイエスにしか出せないサウンドですね。

Yes イエス Yessongs イエスソングス

メンバー
・Jon Anderson (vo)
・Steve Howe (g)
・Chris Squire (b)
・Rick Wakeman (key)
・Bill Bruford (ds)
・Alan White (ds)

Yessongs

1973年

■Disc1
1. Opening (Excerpt From 'Firebird Suite')
2. Siberian Khatru
3. Heart Of The Sunrise
4. Perpetual Change
5. And You And I
6. Mood For A Day
7. Excerpts From 'The Six Wives Of Henry VIII'
8. Roundabout

■Disc2
1. I've Seen All Good People
2. Long Distance Runaround - The Fish
3. Close To The Edge
4. Yours Is No Disgrace
5. Starship Trooper

初ライヴ作品。アナログレコードは3枚組、CDは2枚組とイエスらしい大作です。「危機」発表後にビル・ブラッフォードが脱退したため、ドラムの大半はアラン・ホワイトが叩いてます。

イエスの作品はレコーディングの限界に挑むかのような精密さで有名なので、ライヴで再現できるのか誰もが疑問に思うでしょう。このライヴ作を聴いてみるとほぼ完璧と言っていいほどよく再現できているのが分かる。

あとスタジオと違った高いテンションによるやや荒めのパワフルな演奏もなかなか魅力的。ハードロック並みに激しく、「Heart Of The Sunrise」なんかメタルかと思うぐらいにパンチがある。音質はやや汚いがその分、音は生々しく空気がすごく伝わってくる。終止圧倒されるライヴの名盤ですね。

Yes イエス Relayer リレイヤー

メンバー
・Jon Anderson (vo)
・Steve Howe (g)
・Chris Squire (b)
・Patrick Moraz (key)
・Alan White (ds)

Relayer

1974年

1. The Gates of Delirium
2. Sound Chaser
3. To Be Over
4. Soon (bonus track)
5. Sound Chaser (bonus track)
6. The Gates Of Delirium (bonus track)

7thアルバム。イエスの作品の中では一番難解な作品と言われており、コアなファンに好まれています。脱退したキーボードのリック・ウェイクマンの後任はパトリック・モラーツ。リックのような鮮やかさは無いですが、なかなかテクニカルで新しいイエスのサウンドを作り上げている。

「The Gates Of Delirium」はイエスらしく適度にポップで難解な部分もある。20分以上の大曲で以外にファンの間では人気が高いようです。

「Sound Chaser」はジャズ・ロックの要素の強い曲で、激しいインプロヴィゼーションが展開されます。ハウの弾きまくりなプレイは「Close To The Edge」並みにインパクトがある。個々の演奏もレベル高くて鳥肌が立ちます。シングル・エディットではスリリングな演奏の部分のみを繋げてあるので、迫力のある感じになってます。

「To Be Over」は穏やかな曲でこれもなかなか素晴らしい。イエスらしい美しいメロディーやコーラスが魅力的です。

Yes イエス 90125 ロンリー・ハート

メンバー
・Jon Anderson (vo)
・Trevor Rabin (g)
・Chris Squire (b)
・Tony Kaye (key)
・Alan White (ds)

90125

邦題「ロンリー・ハート」1983年

1. Owner of a Lonely Heart
2. Hold On
3. It Can Happen
4. Changes
5. Cinema (Live)
6. Leave It
7. Our Song
8. City of Love
9. Hearts
10. Leave It (Bonus Track)
11. Make It Easy (Bonus Track)
12. It Can Happen (Bonus Track)
13. It's Over (Bonus Track)
14. Owner of a Lonely Heart (Bonus Track)
15. Leave It (Bonus Track)

11thアルバム。バンドが停滞する中、クリスとアランが「シネマ」というバンドを結成しようとしていくうちに改めてイエスとして再始動。ポップなイエスを代表する作品で、シングル・カットされた「Owner Of A Lonely Heart」が大ヒット。

南アフリカ出身のギタリスト、トレヴァー・ラビンは作曲能力も有り、このアルバムのほとんどはラビンが作ったと言われています。あとトレヴァー・ホーンのプロデュースの影響も非常に大きい。ポップになったからと言って単純になっておらず、所々でテクニックや曲の構成が光る。

どの曲もメロディーが素晴らしく、とくに「Hold On」「Changes」は英国らしい哀愁があって非常に良い。全体の完成度も高く、初心者には一番聴きやすい作品になっています。

関連アーティスト

Asia, Badger, Buggles, GTR

広告