MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

更新履歴

2023/07/06
The Damned に「Live Shepperton 1980」を追加
2023/06/25
Queen に「Live At The Rainbow '74」CD・DVD・Blu-ray を追加
2023/06/17
ヘヴィメタルに TANK を追加
2023/04/16
メロディアスハードに Survivor を追加
2023/03/25
Laaz Rockit に「Taste Of Rebellion」を追加
2023/03/21
日本のロックにPageant を追加
2022/11/25
日本のロックに Spectrum を追加
2022/11/20
Onslaught に「Sounds of Violence」を追加
2022/11/13
ロックに Taste を追加
2022/10/31
Kate Bush の「Never for Ever」を追加
2022/10/30
サイトの改修を行いました
2019/2/17
White Lion に「Fight To Survive」を追加
2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加AORに GTR を追加

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

SNS

フェイスブック
フェイスブック

LINK

ギターおじさんの資料室

ギターのエフェクターやアンプ、ピックアップ、パーツを使用した感想を書いてます。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
TANK

TANK (タンク)

Information

パンクバンドのダムドのベーシストだった故アルジー・ワードと、ブラブス兄弟と共に結成したメタルバンド。NWOBHMを代表するバンドのひとつであるがモーターヘッドの弟分としてスタートしたことと、アルジー・ワードの歌い方がレミー・キルミスターばりにがなり声で歌うスタイルなのでモーターヘッドが正統派ヘヴィメタルをやっているかのように感じます。

TANK タンク Power of the Hunter 反逆の戦士

メンバー
・Algy Ward (vo, b)
・Peter Brabbs (g)
・Mark Brabbs (ds)

Power of the Hunter

邦題「反逆の戦士」1982年

1. Walking Barefoot over Glass
2. Pure Hatred
3. Biting and Scratching
4. Some Came Running
5. T.A.N.K.
6. Used Leather (Hanging Loose)
7. Crazy Horses (Osmonds cover)
8. Set Your Back on Fire
9. Red Skull Rock
10. Power of the Hunter

2ndアルバム。前作のもろモーターヘッドな感じが少し薄れ、少しオリジナリティが増した意欲作。ちょっとレインボーやツェッペリンを意識したような楽曲もあれば、ちょっとファンキーなリフの曲もあったりと楽曲の幅は広がっているかと思います。方向性を模索している段階の作品かと思いますが、聴いてて面白い作品です。

1曲目はタンクらしいモーターヘッドタイプな疾走曲で、5曲目ではこれまたモーターヘッドな感じかなと思いきやまさかのインストナンバー。バンドの成長を感じさせる1曲です。7曲目はアメリカの兄弟音楽グループ、オズモンズのカバー。アレンジされているが、オリジナルもなかなかヘヴィなナンバーなので魅力はちょっとイマイチかなと思う。ラストのタイトル曲はちょっとハードコアよりな疾走曲で、録音のクオリティがあまりよろしくないのが残念。「The Return of the Filth Hounds」などのライブ音源でぜひ聴いて頂きたい激烈な1曲です。

TANK タンク This Means War

メンバー
・Algy Ward (vo, b)
・Mick Tucker (g)
・Peter Brabbs (g)
・Mark Brabbs (ds)

This Means War

1983年

1. Just like Something from Hell
2. Hot Lead, Cold Steel
3. This Means War
4. Laughing in the Face of Death
5. (If We Go) We Go Down Fighting
6. I (Won't Ever Let You Down)
7. Echoes of a Distant Battle

3rdアルバム。元ホワイト・スピリットのミック・タッカー(G)が加入したことでバンドのサウンドに変化が出た。元々バンドが持つパワーとミック・タッカーが持つメロディセンスが合わさった事で楽曲の幅は広がると同時に正統派メタル色も強まった。

1曲目はいきなりシンセによるオープニングが始まるので、聴いてるの違ってるのかと思ってしまうが問題無くTANK節が始まる。作品全体的に見てツイン・ギター編成を活かしたギターソロもあっていいが、曲はまだまだ模索している感じで完成度がちょっとイマイチなものがチラホラ。次作と比べてしまうと霞んでしまうが外したくない1枚である。

当時の音楽シーンにマッチするサウンドに仕上がって好発進できるかと思いきや所属レーベルの力の無さでプロモーションがうまくいかず開店休業状態に陥ってしまったらしい。

TANK タンク Honour & Blood 血まみれの栄光

メンバー
・Algy Ward (vo, b)
・Mick Tucker (g)
・Cliff Evans (g)
・Graeme "Crash" Crallan (ds)

Honour & Blood

邦題「血まみれの栄光」1984年

1. The War Drags Ever On
2. When All Hell Freezes Over
3. Honour and Blood
4. Chain of Fools (Aretha Franklin cover)
5. W.M.L.A. (Wasting My Life Away)
6. Too Tired to Wait for Love
7. Kill

4thアルバム。元チキン・シャックのクリフ・エヴァンスと、元ホワイト・スピリットのグレアム・クラーランが加入し、正統派メタル化もさらに進みタンク流のパワーメタルがここで完成。リフ良し、メロディ良し、捨て曲無しの間違いなく最高傑作です。だいぶモーターヘッド的な色が薄れたが力強さはそのままで、そこに英国らしい哀愁も合わさり聴き所も多くNWOBHMを代表する名作と言うにふさわしい内容です。このサウンドはちょっとサクソン的と言えるような暴走&哀愁メタルですね。

4曲目は女性ソウル歌手アレサ・フランクリンの曲を大胆にメタルにアレンジ。

バンドはこのあともビジネス絡みのトラブルによって活動停止・再開を繰り返す。その後さらにバンドが2つに分裂していったが、2023年にアルジー・ワードが死去したことで終止符が打たれた。アルジー・ワードのバンドは正にタンクといった内容で、ミック・タッカーとクリフ・エヴァンスのバンドはより正統派メタルとなっている。

関連アーティスト

The Damned, White Spirit

気になるアイテム

メガドライブ ソフト パノラマコットン【MD/MD互換機用】
フィギュア R-9A2 DELTA ”デルタ” 「R-TYPE」 1/120 ABS製塗装済み完成品
1/24 ナイトライダー ナイト2000 K.I.T.T. シーズンIV スキャナー音声ユニット付き No.KR-07
1/10 コミカル アバンテ GF-01CBシャーシ 組み立てキット [58678]
タミヤ 1/10 XBシリーズ No.43 XB ワイルドウイリー 2 プロポ付き塗装済み完成モデル
オーディオテクニカ ワイヤレス レコードプレーヤー AT-SB727 サウンドバーガー ポータブル
ION Audio ポータブルレコードプレーヤー スーツケース型
ION Audio レコードプレーヤー ブラウン
レコードプレーヤー WAVOTIQ
Arkrocket プレミア HI-FI ターンテーブル システム Cassini